運動音痴もしくは嫌いなだけで差別する人間共は腐っている

Pocket

運動は今現在日本で健康にいいからという理由で推薦されたり、様々な競技の選手は素晴らしいプレーをたくさん披露して多くのファンが熱狂的に盛り上げている。

だが、その裏で苦しむ者もいる。私もそうなのだがそれが思うように体を動かせなかったり、全力でやっても真面目にやってないように見られてしまう部類の人間、運動音痴である。

今回は運動音痴の苦しみについて以前、ここここここで書いたことも踏まえて、運動神経で差別してくる人間への批判を中心にまた違った形で書いていこうと思う。

粋がる体育会系は運動できない奴にいじめて矯正しようとする

ここでも書いたので運動が苦手な皆さんは分かると思うのだが、運動ができて粋がっている奴らはできない奴に向かって暴言を吐いて説教してくる、文化部を選んだ奴には人権を与えようとしない、同じ考えを持っている連中全員で暴言攻めするなどというクズみたいなことを当たり前のようにしてくる。彼らにとってこれは運動音痴の矯正らしい。

その一方で私は目に入る程度のプロのスポーツ選手の活躍は見ることもある。プロの選手は辛く苦しい練習を何度も行って結果を出しているため、その多くは運動できない人を非難したりしないと思っている。現に私を攻撃していた中高の体育馬鹿連中には誰一人としてプロのスポーツ選手になっている奴はいない。

だが、最近は賭博だのドーピングしてただの相手選手がドーピングに引っかかるような物質を混入させて食わせたりなどの足の引っ張り合いもみられるのが残念でしょうがない。

だがそんなスポーツ選手たちと比べてただ粋がっている体育会系はどうか?体育の一回一回の授業で試合に負けるたびできない奴に向かってお前が真面目にやらないから負けたんだよなどと怒鳴り散らしこっちのやる気を削いでいく原因となっている。

正直言わせてもらうと、スポーツの大会でもないのに勝ち負けにこだわって負けたら全部運動できない奴のせいにして責める。こんなこと繰り返されてたら、運動なんて嫌いになるわ。

そういった傾向が最も強くなるのが運動会。この運動会にだけは優勝だの準優勝だの優劣がつけられる。季節が秋だろうと春だろうと灼熱地獄の中組体操を始めとする何回もやりたくない練習をやらされる。出来なかったらみんなでできない奴を説教。

体育の教員は味方なんかしてくれるはずがない。基本運動を続けていれば出来るようになると思っている連中ばかりだから。あとは怒鳴り散らして恐怖政治みたいにして監視だけしておけばそれでいいと思っているからだ。

私はどれだけ真面目に取り組んでも認められることはなかった。プレー中に時折いじめを混ぜてくる運動馬鹿どもの嫌がらせにキレてコートの外に出て行ったこともある。それでも私が悪いことにされた。成績表はずっと2(10段階では4)だった。

そんな矯正を受け続けると運動が大嫌いになっていく

これでも私は昔自宅で運動を自分なりに楽しんでやっている時期があった。しかし、運動しているうちに奴らの言葉が脳にフラッシュバックし苛立ちが沸いて

・道具を叩きつける

・もうやりたくないと怒鳴り散らす

・突然悲しくなってくる

などの症状が現れるようになってしまった。一緒にやってくれた家族には悪い思いをさせた。もう誰もやってくれることはないだろうけど・・・

私は今現在ではウォーキングとたまにやる水泳(とはいっても年に数回程度)以外の運動はやってない。なぜならやる気をそがれたからだ。

ちなみに私は筋トレも嫌いである。私を攻撃してきた体育会系は力や筋肉を自慢している奴ばかりだったからムキムキになること・・・つまり連中と同じような体系になるのにものすごく抵抗感がある。今現在維持しているかどうかは知らないが。

運動ができないだけで相手を追い詰める奴は腐っている

私が思う運動ができないだけで相手をいじめたり責めたり追い詰めたりする連中に対して思うのはこれだけ。

そんな連中は総じて腐っている。

なぜなら、スポーツで粋がる連中は自分が運動をできるからと威張ってできない人間を責める癖に自分自身がろくな結果を残していないのが見て分かるからだ。少なくとも私の周りにいたそういう奴らは最上級の結果でも部活の大会で優勝するぐらいで、プロの選手になる奴なんかいない。

最近は国が一億総スポーツ社会などと馬鹿なことを言っているようだが、国民全員にスポーツに関心を持ってもらいたいのならまずは運動のできない奴に向かって腐った精神論をぶつけるような人間にそういうことをしないよう一人残らず指導でもしたらどうなんだ。

お前のせいで負けたからというくだらない理由で叱責や説教をくらわすような人間がいなくならない限りは一億総スポーツ社会なんて絶対に来るはずがない。むしろ逆に嫌いな人たちがどんどん増えていく一方だろう。

私は今でも自発的にやってみようと思う運動以外は嫌いである。好きだと言えるのは

・(超次元のみの)サッカー

・ウォーキング

・水泳

の3つだけしかない。最低限ウォーキングをして、たまに水泳して病気ならない状態を維持できればそれでいいというのが私の考えである。

もし運動の基礎ができない私のような人たちのことを理解してくれて、適切なフォローもしてくれた教員がいたのなら、違った形でスポーツや運動を楽しんでいた未来もあるのかもしれないがこの事に関してはもう今は考えないようにしている。苛立つだけだから。

私は死んでも許さない。暴言や暴力で私を運動を嫌いにした運動馬鹿どもを。どれだけ非難されても必死でついていこうとして休まず参加しても成績を2(4)しかつけずに辛くてもフォローすらしてくれなかった教員たちを。運動関連の書籍は運動音痴は治るだのそんなのばかり。嫌な世の中だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 一力 篤史 より:

    私も激しく同意します
    特に運動会のイベントや部活動のような運動なんかなくなってしまえばいいのにて思ってるくらいですよ
    私の場合は組体操やマラソンもそうですが、大縄跳びという競技で足引っ張って、続けて飛ぶことが出来なかった為、障害物競走では上手く出来てなかった為、周りから責められたのが多かったですね、ふざけてやってるわけではないし、きちんと合わせて飛んでるつもりなのに、それで喧嘩も多かったですね
    今思うと何でいい結果が出なかったくらいで責められなければならないのか正直理解は出来ません
    でも、ジョニーさんは運動の種類で言っていいのかわかりませんが、好きなのはあるんですね
    私は、運動会や部活動のトラウマのせいで運動やスポーツが怖く感じますし、やるとしたら散歩や自転車でどこかに出かける、友人からの誘いでキャッチボール程度しかやってないですし、見るだけならSASUKEというスポーツ番組くらいしかないですね

    私も、お前のせいで負けたんだ、など責めるような怒号や説教がなくならない限り、スポーツ、運動が好きになるとは思えないし、逆に恐怖、嫌いになってしまうと思いますね

    • zyoken より:

      一力篤史様 コメントありがとうございます。
      体育は運動が問題なくできるもしくは好きである体育教師が教えるものであるため、できる人間たちはそれに同調してできない人間を責めますので、できない人間は基本的に置いてけぼりになる仕組みでできているのです。それに加え責める人間たちはできない人間の気持ちが分からないのでふざけてやっているという認識をしてしまい、真面目にやれと責める構造になっていると思われます。大縄跳びでは私も地獄を見ました。いじめ連中に楽しいよなというバカみたいな質問をされ、強制で50回近く飛ばされてしばらく動けなくなったことがあります。
      体育がなくなることで運動が得意な子たちの活躍できる場所がなくなるなどと言う理由で反対派の人間もかなりいるようですが、それだったらできない人間を責め立てる仕組みの改善すらできないのか。と呆れてしまいます。
      私自身ウォーキングと水泳はスポーツだという認識があまりないのでできているだけですし、サッカーは完全にイナズマイレブンの影響です。私の場合スポーツ番組自体には興味ないのでSASUKEどころかそういう番組はすべて避けますね。