いじめを受けると人に優しくできなくなる

Pocket

いじめや虐待などを受けた人間にかけられる言葉にこういったものがある。

痛みを受けた人ほど人に優しくできる。

この言葉、私は逆だと思っている。なぜなら私はいじめにあって以降人間に優しくしようなんて言う気持ちは消え失せてしまっているからだ。そもそもなぜ痛い目に合わされた生き物と助けなければならないのか・・・私には疑問しか浮かばない。

いじめを受けると人間を助ける気など消えうせる

これはあくまで私の意見だが、いじめや裏切りなどの物理・精神に伴う身体や心の痛みを受けた人間の大半は

・人間にまた傷つけられるからできればかかわりたくない

・助けたところでまた裏切られる

と思う場合が大半はないだろうか。いくらお人よしな人間であっても10回ぐらい裏切りに合えば心が折れるもの。「私はどれだけ裏切られても、いじめに合っても人間という生き物を信じる!」と言える人なんてほとんどいないだろう。大半が警戒心を持つようになる。自分と同じような人を助けてやれと言われても、誰にも助けてもらった経験がない人間嫌いが他人を助けようなんて思うだろうか。稀に助けようと思える素晴らしい心の器を持った人も居るのだろうが、少なくとも私にそういう気持ちはない。

おまけに成長過程で大半の人間が力なき正義は無力などという言葉を知ることになり、それが追い打ちとなっているのではないかと思う。この言葉の意味は優しさだけ持っていたところで力が備わっていなければ無意味ということである。つまりは力がなければ正義をかざした所で何の意味もなさないということだ。

ただ、そんな言葉があっても私は強い奴ってなんなの?強さを持ってるやつがそんなに偉いのかとしか思えない。

私は優しさを女子キャラへ向けることにした

人間に優しくできない、優しさを向けられない・・・力がなければ正義は無力・・・その辛く苦しい真実に苦しめられ私は何年も自問自答した。その過程で私が行きついた結論は・・・

好きなものに優しさを向けることだった。

対象は私の場合は推しの女子キャラクターだ。私は今でも女子キャラクターにはものすごく優しく接している。研究させてくれることに対する感謝の気持ちも日ごろから忘れないようにして独自の理論で研究をしている。

その分クズ人間や私に日常的に絡んでくるやつには一切の慈悲を向けないことにした。そもそも前にも言っているが私はこの世に正しいことなんて存在しないと思っている。自信もなくされたし運動嫌いだったので運動することで力を手に入れて見返すという嫌いなことをして強くなんてなりたくなかった。いじめの原因となったことを普通にできるよう習得して周りに認められるということは私にとっては最大の屈辱でしかない。

そんな私に向かってゴミクズ、社会不適合者、生きる価値なし、不良品などとと吐いてくるバカはたくさんいる。だがな、この腐った世の中に正しいことなんてないから正義を振りかざす必要なんかないだろう。力を着けろと言う奴は多いが・・・そんな運動万能説に取りつかれた奴の言葉なんざ信じないし、別の方法で心を安定させる方法を探すまでだ。それに私は非難や暴力で攻撃するやつよりもその攻撃に耐えられるやつや虐げられている奴の方がはるかに強いと思っている。

非難や暴力で攻撃してくる奴は人間の本能に逆らうことすらできない野生動物と変わりない。

人にやさしくできないことを引け目に感じる人はそれでもいいじゃないか。だって、人にいじめられてきたのだから優しくする方法なんて誰からも学んでいないはず。自分と同じ境遇を受けて苦しんでいる人を助けてあげたいと思うならそうすればいいし、人間なんか・・・って思うのなら無理しなくていい。それよりも自分の心の支えになってくれている物に精いっぱいの優しさと敬意を送ろう。

この国は普通にとらわれすぎている・・・崩壊も時間の問題かもしれないな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 二次元だけが癒し より:

    自分も同意見です。
    自分は小さい頃からゴキブリのような扱いをされてきて、もはや人間愛など残っておらず、ジョニーさんに負けず劣らずの人間嫌いです。自分も愛情の対象は2次元キャラのみですね。可愛いともかっこいいと思うのも2次元キャラのみで、生身の人間を一度も可愛いと思ったことがありません。
    だからこそ性犯罪者予備軍と呼ばれることは耐えられず、喧嘩することもありました

    • zyoken より:

      二次元だけが癒し様 コメントありがとうございます。

      酷いことをされれば人間に優しくなんかできるはずないですよね。それに加え許せ時効だお前が強くなるしかないだろという追い打ち・・・現代になってもやったもん勝ちの風潮を残している高等生物(人間たちの自称)への愛など無くなるものです。本当に高等生物なのは一部の偉人様たちだけなのではないかとすら思えます。某妖怪人間たちには失礼ですが早く人間を辞めたいと思うこともしばしばあります。
      私の場合女子キャラクターに愛情を注げるとは言いましたが、全ての子に愛を注げるわけではなく、キャラの性格や考えが自分と合わない場合や私を攻撃した人間に近かった場合は愛を注げなくなったりします。女子キャラであっても意識高い系とかいじめ加害者系は大嫌いですね。研究者を自称している割には情けないのです・・・