私が実際に見た恐ろしき男の嫉妬心

Pocket

一般的には女性の方が強いと言われている感情である嫉妬心。だが、私は男の方がはるかに嫉妬心が強い生き物なのではないかと思っている。

現に私はまだ地獄の中学生だった頃、男によるとてつもない嫉妬の現場を見た経験があるからだ。しかもその中心にいたのは運動得意なイケイケ系の私の嫌いな男どもだったりする。彼らはなぜ嫉妬したのか。今日はそんなことについて書いていく。

私が実際に見た男の嫉妬心

嫉妬の対象となったのは私とクラスも同じとある男子生徒だった。彼はイケイケ系男どもの行う私への攻撃に対して(しかし、クラスの男全員で行うような大規模なもののみだった)悪乗りですることもあったが私に対してしつこく暴言を吐いたり攻撃してくるタイプではなかったので印象は悪くなかった。当然ながら他の男どもと仲もよかった。しかしある時期から彼はそのクラスの男の中ではある部分が違うようになった。そう・・・

彼女ができたのである。

彼はとある女子生徒と付き合っていた(ように思う。詳しくは知らないのだが)。それを見た男どもは嫉妬の感情を募らせたのか徐々に彼を無視するようになっていったのである。それどころかいじめの対象にしていた私にまで「あいつ(彼の事)むかつくよな?」などと聞いてきたのである。数日前まであんなに仲良くしていたのに酷い変わりようだと私は思った。

その数日後事件は起こる。彼が教室の外へ出た瞬間男どもは彼の席に集まり、

彼のバッグをリンチするかのように蹴り始めたのである。

しかもバッグリンチを実行していたのは私と私の友人の2人と彼を除いたクラスの男半数以上がやっていた。中心はやはり私に対して平気でいじめをするようなイケイケ系の奴らだった。彼らはリンチに参加していない私にまで小林もやれよ!こいつむかつくだろ!などと言ってきた。私は当然ながら参加しなかった。私は彼に恋人がいることに嫉妬心など微塵も感じていなかったし、バッグリンチに加担している連中ほぼ全員にいじめを受けていた身なので男どもの醜い行為に加担したくなかったのもあり、加担しない姿勢を貫いた。加担しないと言ったら暴言吐かれたが。

これらの事から男ってかなり嫉妬心強いんじゃないかなとひそかに思うようになった。

 恋人の有無で嫉妬なんて醜い

私から言わせてもらえば、彼に直接何も言わず彼のいないときにバッグをリンチするなんて馬鹿じゃないのとしか思えなかった。それと同時にたかが恋人がいるかいないかで嫉妬する連中を醜く感じた。人と付き合えるのがそんなに嫉妬の感情をあおるのだろうか。私はそうは思わないが恋人の有無は男にとって大事なことらしいのでそうなる男も一定数いるのだろう。

彼が恋人と仲良くしているのが不快なら自分も好きな子を探して恋愛すればいいだろうに。イケイケ系は中学生当時なら女性にも好かれやすいスポーツマンのかっこいい男たちなんだから好きな子を見つけて彼女作ればいいだろう。そんな努力もせずに人の持ち物をリンチするなんて馬鹿なんじゃないのとしか思えない。

たかが恋人の有無で嫉妬して人の持ち物に八つ当たりする人間など所詮臆病者だしクズの極みだと思う。とはいえこんな連中にいじめられていた私はなんなんだろう・・・だが、彼らは勝手に嫉妬するからこそいじめを平気でする運動しか能のない低レベルの馬鹿どもばかりだったのかもしれないが・・・男女問わず嫉妬による八つ当たりって本当に醜い。そう思った事件だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク