推しキャラ日記(2024年4月期)

Pocket

実は1年ぐらい前から推しキャラ備忘録を描くためにこんな感じで推しキャラと周りの女子キャラの行動をこんな感じでまとめていたりする。

これまでは私の完全な悪ノリで書いていたため非公開にしていたがこれを知人に見せたら面白いと言われたので公開してみる。完全に私の適当なノリで描いているの主人公男と大人には異常なぐらい辛辣になりますがでそこだけはご了承くださいな。

2024年4月期推しキャラクター日記

大崎甘奈

登場作品:アイドルマスターシャイニーカラーズ

コメント

今期最強候補。シャイニーカラーズのシスコンなやべー奴。なお、彼女の名前の読みはあまなだが私はかんなだと思ってカンちゃんと呼んでそれが癖になっているのでこのサイトではカンちゃんと呼ぶのでよろしく。OPのCDジャケットにカンちゃんがいるってことはアルストロメリアのリーダーはカンちゃんってことでいいんだよな?

1話

他の子たちと共に最初から出番あり。アルストロメリアは結成済みのようだ。OPの不気味さで炎上したらしいが私にはどこが不気味なのかわからねえのだが?まとめサイトの馬鹿どもってどうでもいいことで騒ぎたがるよな。社長のCVが最近大人気の津田健次郎氏なのがいい。私にとってのアイドルアニメの終点に相応しい作品となってくれるだろう。

2話

千雪、愛する姉甜花とともに写真撮影の仕事をしていただけで終了。まあこの話のメインはこがたんたちなのでしゃーなし。カンちゃんから推し変する気はないけど幽谷霧子かわいいきりかわ!

3話

やっと出番きた!!!アルストロメリアがどんなユニットになりたいか考える話とはいい話だのう。カンちゃんはアイドルになりたいじゃなくて愛する姉甜花と一緒にアイドルしたいというのがきっかけだったのか。カンちゃんの良さや優しさがとてもよくわかるといい話だった。

4話

出番は冒頭の配信のみだが前回活躍したので問題ないさ。まあこの話は果穂たちがスケジュールミスした本当のヒーローの代わりにヒーローショーする話ですし。このグループだと園田智代子さんかわええよな普通を売りにしているけど明らかに普通を超越してるし。牛久花和さんとCV被ってなかったらカンちゃんめぐるんと並ぶ推しの筆頭候補だったのに・・・

5話

メインの3人の回なのでカンちゃんの出番は後半冒頭のサインの練習ぐらい。やっぱりめぐるん最高だな。こういう女子キャラという人間以上に厄介な生き物たちが共存するには潤滑油的役割を果たせる子が必要なんやな。

6話

今回は全ユニットがWING出場が決定したことで密着番組回。カンちゃんめぐるん霧子園田・・・みんないい感じなんじゃのう。愛する姉甜花にケーキをあーんするカンちゃんは最高じゃのう。カンちゃんの撮影している動画は全部可愛いの宝石箱や!

7話

家で愛する姉と共に2人そろって密着特集を見るところで登場。実際のニュース番組もこういうのばかりにしてほしいんだけどな・・・

他候補

八宮めぐる・・・アメリカのハーフだそうな可愛い。そのフレンドリーさで仲間たちの潤滑油的役割を果たせるいい子。

幽谷霧子・・・灰色ツインテでなんだか少し暗めな感じの娘できりかわ。幽谷性をイナズマイレブン以外で見ることになるとは思わんかった。

園田智代子・・・普通を名乗っているがバストの大きさが明らかに普通じゃない娘。なんで牛久花和さんとCV被ってんだよおおおお!!!

泉志帆

登場作品:ささやくように恋を唄う

コメント

間宮果乃子のトラウマから1年ようやく来た百合アニメ。魅力的な子は多いが彼女が一番気に入ったので。

1話時点

出番なし。存在はSSGIRLSのギターボーカルが抜けたという話で示唆された。OPにはいる。何があったんだろうな・・・。最近ひまりって名前の主人公多すぎないか?見た感じ間宮果乃子の悲劇を起こすことはなさそうだ。それにしても依先輩の声栄逢さん・・・

2話

出番なしと思いきや2話の最後の回想に少しだけ出番が・・・あったのかあれは?。しかしひまちゃんたちは純粋で綺麗な百合だな・・・間宮果乃子の悲劇は起こらなそうだな。なおEDにはいなかった。掲載誌が同じコミック百合姫だからかひまちゃんと白木がコラボCMしてたが見なかったことにしてやる。

3話

出番なしだが筒井ちゃんの口から名前が語られた。しーちゃんの存在をしっかりと感じさせてくれるのいいなこのアニメ。ひまちゃんたちの百合は美しく綺麗なものだな。どこぞのドロドロ感情持ちの間宮果乃子は見習っておけ。

4話

ようやくしーちゃんが来たぞ!!!しーちゃんより先に(ひまちゃんが入部したことによって)料理研究部でバンドの仲間こと里宮ちゃんの方が先に出るんかいと思っていたら部の終了後にやってきた。いきなり里宮ちゃんにあーんとかしてくるとか最高すぎだろこいつ可愛い可愛い!!!だいぶ遅いと聞いていたので7話で出ることを想定していたからこれはサプライズすぎる。軽音部脱退後は料理研究部に幽霊部員として所属しそこでバンド活動もしているようだ。ひまちゃんがこの真実を知ったらどうなるんだろうね?喜んで色々調べていたらしーちゃんにはヤンデレの傾向があるらしい・・・え?私また女子キャラの選択を誤ってしまったのか?

5話

終盤で登場し、もう一人の仲間天沢ちゃんも登場。橘ちゃんからチケットを貰っており次回のライブに来るようだ。「期待してないけどねお遊びでやっている連中なんて。」の言葉にしーちゃんがSSGIRLSを脱退した理由がすべて詰まってるようにも感じるが何があったのか・・・?

6話

ひまちゃん無事に依先輩と両想いに。よかったなぁ幸せそうで・・・終わらないんだよなぁ。終盤でしーちゃんが襲撃してきたよ遂に・・・しーちゃんって4話で考察した通りやっぱり某果乃子のごとくのキチなのだろうか。過去に何があったのか、それを見て私が抱いた結果でしーちゃんの評価が決まりそうだ。

他候補

筒井真理・・・虹色デイズに同じ名前の子がいるが大丈夫か?話し方が独特なので面白味がある。

堤つむぎ

登場作品:ワンルーム、日当たり普通、天使つき。

コメント

この作品で唯一の純血種のヒューマン。純血種のヒューマンが欲しい場合は彼女一択。

1話時点

主人公男が天使ちゃんを拾う話なので出番なし。OPにはいる。天使ちゃんを電波女扱いする主人公男破産しろ。EDはカンちゃん(大崎甘奈)の声優様である黒木氏が所属するサンドリオンが歌っている。

2話時点

順調に登場。主人公男ではなく主人公男の友人の方と幼馴染という特殊パターン。もっと子供っぽい喋りを想像していたが随分としっかりした話し方で主人公男のことも苗字で呼び捨て。主人公男との出会いも描かれているの良い迷ってたつむを主人公男が助けたんだな。好意は主人公男の方を向いているものの立ち位置的に厳しいか・・・幼少期から女子キャラとのフラゲしている主人公男破産しろ。そう言えば昔とある作品につむと同じ唯一純血種ヒューマンの立場だったけど立場が悪すぎてヤンデレ化した女子キャラがいたんだよな・・・

3話

前回最後で親しくする主人公男と天使ちゃんを見たせいで冒頭から悩む羽目になった。つむをモヤつかせる主人公男破産しろ。つむの入り込む隙ねえじゃねえか・・・おまけに今回初登場CVが渡辺星ちゃんなのえる(和泉姓だが泉の志帆ちゃんと親戚?)の下着を見るなどのラッキースケベまでしやがる。引っぱたかれてざまあ。やっぱ主人公男なんて一族は滅亡すればry

4話

天使ちゃんとのえるが特殊かつ美形すぎてやっぱりつむ不利じゃねえか。これでリリーシュカ様が参戦してきたらどうなるんだろう?主人公男破産しろ。なおつむは小5までおねしょしていたらしい・・・ダチ少なくて寂しかったんかな・・・後半では主人公男とのえるの仲を探るために天使ちゃんの面倒を見つつ偵察に来たが振り回されるはめに。天使ちゃんはつむに・・・まあ仕方ねえか。だが主人公男は破産しろ。

5話

まさかのつむ回(後半はのえる回だが)。自分には強みがないと嘆き思い悩む羽目に。主人公男にお熱のつむの気持ちも気づかずに一方的に相談するだけの主人公男破産しろ。だがドーナツ食えてよかったじゃねえか・・・転んだ少年に自分の傘を差し出す優しさがあるのもいいポイントだな。っていうかつむも普通とか言いながら主人公男可愛いとか言って恋愛脳に近いし変人系女子キャラ並みにアレなやつなんじゃ・・・本当に普通のやつは正妻戦争の候補にすら抜粋されないんじゃぞ。やはり主人公男一族は滅ぼさなければならんようじゃ・・・余談だが天使ちゃんたちの暮らす天界では木の実の中に食事が実るそうだ。この天界ならニートでも生きていけそうだな・・・

6話

天使ちゃんの妹分が降ってきた。主人公男の部屋のベランダ天使降ってき過ぎだろ破産しろ。妹分は鋭いところもあるが天使ちゃんが好きすぎて聞き分け悪いし主人公男へ対してやたらと攻撃的だなおい。後半は天使ちゃんとデート回。つむも出番なしだしこの話は消すわ。もう折り返しだけどリリーシュカ様の出番まだ?

7話

主人公男の部屋の持ち主の叔母がいると聞いていたが出てくるとは思わなかったしやべー奴じゃねえかよ・・・主人公男との漫才は面白くないし暇の一言に尽きる。私は女子キャラ研究家だから女性キャラの判定になる20歳以上は興味ねえしつむも出番ねえし暇だしリリーシュカ様まだ・・・と思ったらようやくCパートで登場し意味わかんない中二病的言い回しでこの話の価値のある部分となった。どうせ12話で終わるんだしこの話全部リリーシュカ様に回してほしかったわ。

他候補

リリーシュカ様・・・吸血鬼の一族で厨二病。本名は賀上さゆりで名前は日本人なので問題なし。CVが氷室舞と被るがどうするか

浅海響

登場作品:花野井くんと恋の病

コメント

通称きょーちゃん。ピンクで勉強できなくて男持ちという綾崎レミさんを彷彿とさせる娘。これでいいのか?今期先鋒。誕生日は春休み中なので3月25日ぐらいから4月7日までのどこかかなアバウトすぎんだろ。OPがSexy Zone(現Timelesz)なのがいい私ケンティー君好きなんでねもう卒業しちゃったけど。このOPはケンティー君卒業前に収録した曲なのか3人で収録した曲なのかが気になる。

1話

予想通り恋愛脳のやかましい娘。自分は男を作っておきながらほたちゃんが花野井といい関係になると寂しがる。今期の他の重いめんどくさい性格悪い連中に比べればはるかにましだが二枚舌じゃねえかおめえ。食物にしか興味のないほたちゃんへの辺りがキツイけどほたちゃんのスルー力が強いので関係は悪くない。

2話

グラサンかけてほたちゃんの親父ぶる。君はほたちゃんのなんなんだ・・・芸人枠ですかぁ?彼氏の金髪男よりはきょーちゃんの方が強いようだ。

3話

出番なし。まあいたところでろくな出番ry

4話

正月回なのでピンクの振袖で登場。可愛いねえ。なおきょーちゃんの彼氏の金髪男は花野井からもあまりいい扱いを受けていないようだまあ男の事なんてどうでもいいけど。

5話

出番は冒頭だけと思ったら屋上に閉じ込められたほたちゃん(と花野井)を助けに来てくれたところや後半パートでいきなりツッコんでくるなど存在感はありあり。「自分が恋だと思ったものが恋なんだよ!」は名言でいいだろう。やっぱおもしれーやつですわ。関係ないけど花野井のカーディガンの中に入るほたちゃんことほたカンガルーはいいと思います。

6話

出番なし。ほたちゃんの昔のイケメン同級生男が登場しほたちゃんの昔の嫌な思い出が掘り返されることとなる。ほたちゃんを大事に思ってる花野井が他の男に厳しくなるのは仕方ねえな。ほたちゃんは偉いよ素敵だよ。

7話

久々に出番が来たがまさかのセリフなしあのやかましさが懐かしい・・・ほたちゃんは恋愛感情が分からなかった自分も悪いって思ってて優しいから許してるけど髪切るの普通に傷害罪だからな。だがこの話を得てほたちゃんと花野井は真の意味での恋人に慣れたの良かったな・・・きょーちゃんのこと全く書けてないどうしよう・・・

十六夜ノノミor小鳥遊ホシノ

登場作品:ブルーアーカイブ

コメント

ソシャゲはやらんので知識はないが誰か死んだりしないよな?今の所キャラは暫定で選択。追加されればまた変わるかも。

1話時点

やはりよくわからない。高度な文明のある世界の割に砂漠化とかしてるし学園には5人しかいないし、一部の女子キャラは獣の耳が生えていて動物とのハーフなのかどうなのか(教師以外の男はみんな動物だし)、悪徳集団が領土を広げようと銃乱射してて戦争のような不穏さも同居している。だが銃で撃たれても女子キャラ自体は死なないようなので良かった。システム自体はサバゲーかな?とるなら安定感のあるノノミもしくはJKなのに自称おじさんのホシノも面白そうだ。普通に見れるので問題なし。ゲームに出ている他の子は出番あるんだろうか?それと教師男、女子キャラの命は死んでも守れよな。

2話

セリちゃんの当番回。それにしても武器の資金はどうやって仕入れているんだろうのう・・・都市が砂漠になっているのは半分ぐらいのようで店などは普通に営業してる模様。純粋な思いで学校を守ろうとしているJKに高額の悪徳借金を背負わせる悪徳銀行破産しやがれ。ヘルメット団の連中は爆撃で装甲車が大破していたもの生きていたのでのやっぱり女子キャラは死なないようだ。ってか死なない世界であってくれ。推し?まだ決まらんよ。

3話

やたらと物騒な会議が繰り広げられる。というか悪徳商法や銀行強盗しないと生きていけないとか便利屋の子たちも出てきたが仲良くなった・・・って思ったら直後に前面戦争でやっぱり殺伐としているよこの作品。やっぱり撃たれても死なないんやね武器のシステムはサバゲーなんやね。地雷とかクレイモアとか出てきてるけど。

4話

CVがシャドウバースのミモリンなヒフミが登場。銃持ったヤンキーまでいるとはやっぱり殺伐としてんなあおい・・・そして撃たれても死なないのは良い。銀行強盗って悪徳銀行の不正を証明するための行為だったってことか。殺伐とした世界には善人を装ったクズが増えるからな。それにしてもさノノミってあそこがでかいから目出し帽被ってても・・・すいませんなんでもありません。ホシノもおじさん自称しながら銀行から奪った金をどうするかのくだりでしっかりリーダーしているのいいね!

5話

金を巻き上げていた銀行カイザーコーポレーションが1話から襲い掛かって来ていた犯罪集団に資金を提供していたとは・・・おまけに他の学園の女子キャラたちは見て見ぬふりをしているとか・・・なんかあれだな、こういう時は教師男も頼りにならねえ。ノノミの話を聞く限りはホシノが万が一を考えるほど疑り深いのも過去になにかあったのは確実だろうな。ヒフミは天使じゃのう・・・それにしても女子キャラを撃っても死なない銃のメカニズムは気になるところだ。

6話

ゲヘナの風紀委員とやらは気性が荒いんじゃのう。風紀委員のボスの子は情報教えてくれたりそれなりに話が分かりそうだが幹部はちょっとアレだな。教師男も司令塔として共闘してくれたシックスティーンエイトの子たちも含めいい感じで指示を出せておるではないか。ティーパーティーの名前が出てきたけど聖園ミカらの出番はあるんか?それよりホシノの過去が気になるな調べてしまおうか。

7話

ホシノの過去が少しだけ分かった。ホシノが持っているアビドス最高の神秘って何なんだろう。昔はもっと冷たい感じであんなにイケボだったのか・・・いいおじさん女子高生だよあんた・・・それにしても何があったのか気になるが私は明らかになるまで待っておるぞ教師男も直前で踏みとどまったわけだしな。中の人である花守氏のことはリルリルフェアリルの頃から知ってるがおっとりボイスとイケボの使い分けが上手いのう本物のおじさんの私も尊敬しちゃうよ。のギャップが凄いよね。

その他考察など

アーリャさんは来季へ移動。

今期組は重い境遇を背負った娘がやたらと多い。数が多いのでゆるキャンは余裕があれば見る方向で。7月期にも強豪が多いので今期は5人で抑えたほうがよさそう。

これ以外にもあるが他は重い、めんどくさい、性格悪いの三重苦なやつばかりなのでこっちが疲れる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク