どれだけ金を投資しても必ずしもまともな人間になるわけではない

Pocket

人間が生きるのには金が必要だ。そしてそれは子供を育てるのにも必要である。現在では子供一人に対して大学卒業まで大体3000万円がかかるそうだ。しかし、人間という生き物は金をどれだけ投資してもまともに育つとは限らない生き物である。

私も学歴こそ大卒ではあるが、まともに育った人間とは言い難い。最低限人を馬鹿にしないという部分は徹底しているつもりだが、それでもこのサイトで書いた発言が誰かを傷つけているのかもしれないと思うと・・・自分がまともだなんて口が裂けても言えない。

高レベルの大学を出たとしても一流企業に全員が入れるわけじゃない

私も大昔は金を払って大学さえ出て大卒の資格を得れば、いじめに耐えたこともあってその後の人生は問題なく生きていけると洗脳教育を経てずっとそう思っていた。

だが、実際はそうじゃない。たとえ東京大学のような高レベルの大学を出たとしても一流どころかブラック企業にすら内定をもらえず、NNTになって無職になってしまう人間もいるのだ。この国の人間どもはレールを外れたものや無職なったものには厳しいので無色であることによる非難や叩きなどの地獄が待っている。

自分の強みを知り、それを収入にすることができる人間なのなら問題ないがそしてこの国特有の無職であることによる風当たりの強さでゆえに毎日を不安と恐怖に支配されて日々を送ることになる。

中には内定がもらえても実態はブラック企業で精神が摩擦するまでこき使われ過労死してしまうなどの最悪の末路もある。最近聞いた話では、三菱で自殺者が8年間で5人もいるというニュースがあった。本来、会社は金を稼ぐ手段に過ぎないと私は思っているので本来は自殺者が0人であることが当然だ。なのに自殺者が5人も出ている時点で一流企業としてどうなのか・・・それでいいって考えている人間が多いんじゃないかなとしか思えない。

大人たちは子供を優秀な学校に行かせて勉強をさせて金を投資すればまともに育つと本気で思っている奴が多いように感じる。そのやり方に子供本人は無理を感じている場合もあって、その場合はいずれは限界が来て急に引きこもりやニートになってしまう場合もあるのだ。金を投資したからと言って必ずしもまともな人間に育つというわけではないのである。

大人たちはいい加減当てはめでうまくいかないことに気づいたほうがいい

これらのことから私が言いたいのは

人間は特性も性格も何もかも一人ずつ違うものなのだから、いい学校に入れて金を投資すれば安定した仕事に就けるなどということは幻想であるということにいい加減に気付いたほうがいいのではないだろうかということである。

いくら金を投資してよい学歴を付けたとしてもその先に待っているのは競争の連続である。頂点に立てるのはほんの一握りだけ・・・その競争に負けてしまえば人間として本当に大切なものに気づけない限りは暗闇の中にとらわれ続けてしまうのである。別の道で成功できればいいのだが、大半はそういう風にもいかずに学歴という過去の栄光にすがり続けて、残りの人生を無駄に消費してしまうのだろう。

ただ同じことをやらせ学ばせるだけでは同じような思考や考えを持つ人間しか生まれないだろうし、そういう人間ばかりになることで余計に横並びの圧力が強くなり、違うものをいじめや迫害などの醜い行為で攻撃するようになっていくだろう。こんな状態ではこの国の未来は暗い・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク