○○(偉大なことを成し遂げた人)も発達障害だったってなんなの?

Pocket

私は発達障害の診断を受けたころ、いろいろ調べていたときによくこんな考えを目にした。

「発達障害の人間には天才や偉大なことを成し遂げた天才が多い!」

・・・正直この考えに私は共感することができない。確かに偉人には変わった人が多いのも事実だ。むしろ天才は変人である代わりに人をひきつけたり、共感させられる高い能力を有しているのではないかと思っている。そもそも彼らのうちの大半は発達障害などと言うことに気づかないでカリスマ性を発揮して生活していたのではないか。今日は偉人が発達障害だったという意見について私の考えを書いていく。

偉人たちは発達障害であっても才能で生きて行けた

ここでよく考えてみてほしい。発達障害を持つ偉人たちは、その事で幼少期から違和感を抱えて成長過程で苦しみ、悩んでいたのだろうか?

すべてそうであるとは言えないが、大半が特に気にもせず生きていたのではないだろうか?

障害というのは、障害のせいで生活が困難である場合に障害として初めて認定されると私は思っている。私から見れば発達障害だと言われている偉人たちは大半が発達障害であることも気づかずに生きていたと思う。

例として発達障害だった偉人だと言われる筆頭の尾張の国の戦国武将織田信長氏を挙げてみる。彼は天下統一を目指すために幼少期から馬鹿でうつけだと周囲の国に思い込ませるための演技をして、味方である家臣や自国の人たちをも「尾張の国はもう終わりだ」と思い込ませるほどまでに騙した後、大名を父親から継いだ直後から一転し、本能寺の変で殺されてしまうまでその高い能力を存分に発揮して戦い続けた。まさに敵を欺くにはまず味方からという作戦を長い年月をかけて実行した天才であると言える。

そんな信長氏を仮に発達障害であったと仮定してみる。信長氏は自分が発達障害で他人に迷惑をかけている、障害のせいで普通の事が上手くできない、自分は生きていてはいけない人間だなどと少しでも考え悩み苦しんでいたのだろうか?

私はそうは思わない。なぜなら、迷惑をかけているという自覚があるのなら幼少期から跡を継ぐまでの長い年月をかけてうつけの演技などできるはずもないだろうし、その後の活躍から考えても信長氏は自分が発達障害であることなど気づくこともなく思うがままに生きていた可能性の方が圧倒的に高いと思う。他の偉大なことを成し遂げた偉人たちも同じだと思う。

発達障害は天才が多いという考えはある意味では間違っていないのかもしれない。しかし、それは障害で苦しんでいる人にとっては気休めにならないどころか、逆に追い詰めてしまう危険な考えであるということも頭に入れてほしい。

発達障害の人すべてが天才になれる素質を持っているわけではないし、たとえとびぬけたものを持っていてもそれが今生きている社会構造とうまくかみ合わなければそんなのは才能とは言われず、無能と同じ扱いを受けてしまうのである。

発達障害=天才と安易に決めつけたりせず、成長過程でその人に会った道を示すこと。それが最も大切なことだと私は思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 一力 篤史 より:

    今回の記事について読んだのですが、
    誇りに持ってもいいのでは?と思ったのですが、改めて冷静に考えて思うと確かにそうですよね
    はねやすめできないどころか逆にプレッシャーになってしまいますよね
    学校生活で例えると「お前、あの歴史人物と同じ発達障害だろ?ものまねやれよー」と強要されますよね
    大変申し訳ありません

    織田信長も発達障害だった又は疑いあることに驚きました

    私の場合はトーマスエジソンという発明家(ジョニーさんご存知だと思いますが)がいまして、その方も発達障害だった(実際はどうだがわかりませんが)ということを聞きまして、私にとっては小学生の時によくエジソンの伝記というか漫画よく読んでエジソンのような発明家に憧れていたので、私と発達障害と同じということに関しては正直誇りに持ってました、今は色々あって発明家諦めました

    私にとっては今も誇りに思ってる時ありますが、やはり発達障害だからといって天才なんだと決めつけるのではなく、記事の通りになってしまいますが、自分にあった道を探すのが最善の良い方法だと思いますね

    • zyoken より:

      一力 篤史様 コメントありがとうございます。
      私の場合信長さんやエジソンさんが実際に検査をして診断されたというのならともかく、現代の人間たちがただの想像で彼らの才能の部分を発達障害なのではないかと推測しているだけのようにも見えてしまうのです。そしてこの理論で行くと個性が強い上に濃い女子キャラクターたちが全員天才になってしまうと思うのです。
      発明家を目指していらっしゃったのですね。エジソンさんも学校で馬鹿にされた過去を持ちながらも唯一怒らずやることを認めてくれた母親のおかげであそこまで行けたという話をタイムボカン逆襲の三悪人で見たことがあります。やはり大勢に非難されたとしても誰か1人には認められると育つ自己肯定感は大切なのかもしれませんね。それに機械や電気を使った便利なものだけが発明ではないと思います。100円ショップのグッズで作られた便利グッズやホームセンターなどにある素材で作った家具などに自分のアイデアを加えた物も発明品なのではないかなと。