キャラ格差を作り出してしまう公式はセンスがないと考えるのがいい

Pocket

キャラ格差。それはキャラの人気や性能などの様々なことが絡み合ってに生まれる、その作品内にいるキャラたちのヒエラルキーともいえる扱いの差だ。最近はこれでオタクたちがSNSやまとめサイトでマウントを取り合うので

格差が生まれる理由も様々。人気投票で順位が高い低い、人気な子や支持される子は強いスキルや性能、ストーリーで優遇されたり出番をどんどん与えてもらって出番も増えていって強くなっていき、そうでない子はスキルどころかイベントにも何年も登場しないいた事すら忘れられてしまうレベルの扱いを受けることもある。これは女子キャラアニメに限った話じゃない。ソーシャルゲームなら当たり前のようにこれが行われているし、ポケモンにもバトルでの性能、どうぶつの森にも人気住民不人気住民のような形で存在している。

優秀な作り手であろうと全てのキャラを平等に扱うのは難しいのは分かっている。だが、私は一部のキャラを無視してそもそも、不人気だと言ってネタ扱いする視聴者側の人間に問題があるようにも思うし、キャラを全部扱いきれてないのに次々と新キャラ

自分がおかしいのではないかと思うこともあるがそれは勘違い

そして、不遇なキャラを支持し、公式と戦うときに陥りがちなのが

自分の推しキャラが不遇になっている状態の時に格差について言及し、公式に批判的な考えを持つ自分こそがおかしい人間なのではないかという考えが生まれることである。

だが、わたしはこのことを作品の流れや大多数の意見に影響されることによって発生する勘違いの一種ではないかと捉えている。愛ちゃんの件の時に散々思い知ったが、大体叩いているのは自分の推しが格差の被害に会っていないオタクなのである。自分の推しに影響なくてよかったーだの〇〇ちゃんが人気ないのは推しているオタクがクズだからだのの意味の分からない理論を並べて平気で暴言を吐くのだ。そして最大の敵は〇〇ちゃんの推し辞めますと平気でほざく裏切り者。こいつらは愛がないのだろうと冷めた目でにらみつける以外に方法がないのが辛い。公式?矛を向けられようが自分たちの失態を認めず荒れている状況を静観して黙るだけだよ?だからみんなキャラ叩きに走るのである。

こういった奴らがのさばるせいで私は作品自体を推すことに価値を感じなくなり、今では他のアニオタとはかかわりを持たず、作品に定住しない風来坊として様々な作品を見て歩いてはその作品で気に入った女子キャラを捌くように研究するようになった。別に後悔していない。オタクもファンのふりしたヘイターも公式も制作陣も味方じゃなくていじめ加害者と同じ穴の狢だと分かっただけでも儲けものだ。公式は女子キャラを金稼ぎの道具ぐらいにしか思っていないだろうから金が稼げればそれでいいんだろうし、人気キャラのオタクは被害がないので知ったことじゃないから平気で暴言が吐けるんだろう。

女子キャラ世界のオタクたちはみな宮崎勤の件から自称醜い一般人共に迫害された経験を持っているだろうから痛みを知っている人間が多いのではと思っていたがそれは間違いだったのだろう。もうあの件から30年以上経っているので今では女子キャラが好きで差別されてきたという経験をする人間もほとんどいないんだろうな。平成生まれの私がそういう関連でキモイと言われいじめという形で差別を受けていたから全くいないというわけではないんだろうけど。

キャラ格差を作り出す公式は愛情とセンスがない

私はキャラ格差を平気で作るようなストーリーを展開したり、それがひどくなっても放置するような公式を

愛情とセンスがない人間の集まりだと認識させてもらうことにした。

私から見れば女子キャラはただの絵ではなく2次元の架空世界に生きている不思議な生き物なのだ。だから自分が同じ作品に存在する多数の女子キャラから吟味して選び抜いた推しが不遇な扱いを受けたり、ひどい目に遭っていれば腹を立てるし、不信感も抱く。

私はあくまで女子キャラの研究を目的にアニメを視聴している人間だ。ストーリーなどは不遇な立ち位置にいる子がおらず殺し合いなどもなくて整合性がとれていれば別にどうでもいいし、その作品にどんな女子キャラがいてどんなふうに生活しているのかの方がよっぽど大事だ。

私は愛情とセンスがない上にこいつは人気ない、需要ないなどの理由からどうでもいいと判定してキャラを徹底的に不遇に追いやる作り手なんか信用できないし、金稼ぎがしたいだけなんだろうなと判断させてもらうことにする。その先にあるのは作品の終了という名の破滅なのだが、殿様商売になっている公式ほど気付かずに勝手に自滅していくのだろう。名前が大きくなりすぎて自滅しないのも多いけど。

どのキャラにも必ずファンがいるそのことを忘れるな!そう言いたいけどいったところでその子の不遇が解消されたり馬鹿にされなくなるわけでもないので、自分がオタクや公式に見切りをつけて離れる以外の方法がない今、どうしようもない辛い。どうか来期の虹ヶ咲2期で愛ちゃんが幸せな展開へ進めますように・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク