お知らせについての解説

Pocket

皆さまはこの自粛期間いかがお過ごしだろうか。家でじっとしているだろうか。それとも反発して外出しているのだろうか。それとも・・・SNSに批判や暴言を投稿して過ごしているのだろうか?まあだれが何をしていようが私にはどうでもいい。人間なんか嫌いだし。

そんな私は仕事があるので引きこもれず、過食を繰り返しており元気とは言えない。トップページに急に更新停止のお知らせを書いてしまったが、これが今の私なのである。なので今日はお知らせについて書いたことについて詳しく書いていく。

お知らせについて解説

次々と制作停止になる女子キャラアニメやドラマから心の栄養をもらいづらくなった

ここを見ている方々ならわかると思うが、私は重度の女子キャラジャンキーと言っても過言ではないほど私自身から女子キャラたちを切り離せない人間である。それと同じぐらいドラマも生きる希望になっている。

延期は制作陣や声優様、俳優様たちの命を守るため延期は賢明な判断なのかもしれない。だが、私はもともと精神不安定な人間なので女子キャラたちから心の栄養をもらわないと持たず、痩せた今でもすぐに過食に走ってしまう所はどうしても治らない。特に今はどこを見てもマイナスの情報ばかり流れてくるし、ポジティブな考えを見ると逆にいら立つことも多い。

運よく制作停止していない作品があるのでしばらくはそれを見て過ごしていこうと思っている。残っている作品も完全停止したら私の精神がアウトになるかもしれないが・・・

・・・え?過去の女子キャラ作品から栄養貰えばいいだろって?たった今まで女子キャラ作品がただ作られて売れなければ捨てられていく焼き畑状態だったのにで過去なんか戻れるわけない。それに私はアニメ業界が焼き畑方式で作り続けるのに適応した結果、旬モノを新鮮なうちに発信するタイプになったためどうしようもないことである。

それにしてもアニメやドラマが次々と制作延期になっているのにもかかわらず、ニュースとかいう正確なことを言わずに不安を増長させるばかりの報道番組やワイドショーとかいう批判や非難、罵り合いに溢れた番組は平気で続いているのが本当に謎である。

非正規の明らかな不急で不要な仕事に就いているのにもかかわらず勤務しなければならない状況

言うと叩かれるかもしれないが私は障害枠で非常勤公務員の勤務をしている。非正規とはいえ立場は公務員なので休むことはできない。やっている仕事も明らかに不要不急な仕事であるので、なぜ今でも出勤停止や自宅待機の指示が出ないのか謎に思っている。

せめて時短勤務でもさせてくれれば少しは救われたかもしれない。だが、時短勤務の指示すら出ないのでこれからいかにコロナの感染者が増えようとも私が時短勤務や自宅待機になることはないのだろう。女子キャラは停止したのに仕事はしなければならない。そんな状況で過ごしているおかげで何度もストレス爆発を起こして過食したり、体調不良になったりしている。とはいえ仕事はできるから結局休めないのだけど。

SNS上での数多くの論争で心が荒れて人間に更なる失望を抱いた

正直これが今の精神不安定を引き起こしている一番の原因。考えの違う者同士で論争が勃発しているので最近twitterのアプリを消してWeb版に変更させてもらった。こんな人間ばかりなんじゃ私は余計嫌になるし、一丸となって戦うなんて御免だと感じてしまう。

無能な政治家たちに従うのもつかれた。適切な判断はできない、失言ばかり繰り返す、議会では居眠り・・・そんな人間がたとえ心から訴えかけたところで私だってああそうですか自己防衛はするけどお前らには従いたくないとしか感じないし、それによって反発する人間はいなくならずコロナの感染者は増えるばかりだし、保証も検討ばかりで我慢を強いるだけの現状を続けるのであればこれからも言うことを聞かず反発する人間が出てくるのはどうしようもないだろう。どうしてもとめたいなら強制しかないんじゃないだろうか・・・人間なんか大嫌いだ。

そんなわけでしばらく休みます

これらのことで私は今現在かつていじめを受けていた時と同レベルと言っていいほどの精神不安定に陥っている。明日死ぬのではないか、糞みたいなコメントをSNSで発信することしかできない人間なんか滅亡しろ、私が事故にあって死なないだろうか・・・そんなことばかり考えている。

なので今回はこの判断に踏み切らせてもらった。私の考えの記事を楽しみにしてくれている人が多いのは記事観覧数を見るとよくわかるが、今の私にはそういうことを発信する元気がすでにないのだ。

SNSも説教ばかりの自粛厨や差別行為、腐った発言をする奴らをブロックし続けて疲れてしまった。7月期までに女子キャラたちが復活しなかったら自殺することも検討している。

過去の記事へのコメントはこれまで通り受け付けますし、ゲーム関連のどうぶつの森~JKK島開拓史~や女子キャラ研究などの更新は続けますのでしばらくはそちらでよろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 藤木のび太 より:

    最近しんどいですね。

    私は数年前、発達障害当事者が「我々が自粛して世間に適応するべき」
    的な考えを持つ人が決して少数でないことを知り、
    さらに頻繁に職務質問(自転車防犯登録)され
    夜は謎の騒音で眠れない(聴覚過敏ではない)ことで
    かなり精神不安定な時期がありました。

    対応策として「毒抜き」つまり嫌な情報を見ない
    自転車には乗らない引っ越しする
    これらがすべて運良く実行できた為、多少はマシになりました。
    それでも単純作業中に嫌なことを考えイライラしてしまうのですが。

    社会も自分も両方が何かを変えなければ生きづらさは
    変わらないのに、弱者に自粛を押し付けがちな世間。
    いざ今度は自分が自粛する番になるとあのざま。
    そしてのど元過ぎればすべてを忘れて自民党支持。
    人間は、どうしようもn いや 面白いですね。

    常識を疑う発達障害ブログは珍しいので
    ゆっくり休んで、また復活を待っています。

    • zyoken より:

      藤木のび太様 コメントありがとうございます。返事が遅くなり申し訳ありません。
      お元気そうで何よりです。私の場合は記事で書いたこと以外に緊急事態宣言でカウンセリングの施設も停止してしまい、それもあって仕事しているのになんで楽しみだけ奪われていくんだと思いが変わりそれがただ自粛を強制するだけで自殺を考える人への配慮を一切しない安倍総理をはじめとする無能な政治家への怒りになったり過食として症状に出てしまったりで、張りつめていたものが切れてしまったというのが正しいでしょうか・・・そんな状態です。
      毒抜きですか・・・やってはいるのですが、身内がニュースを見ることも多いのでなかなか難しいですね。感染者が増えるのを見ると絶望しか感じません。その影響か自粛したって何の意味もないじゃないかとか、もはや集団免疫しかないんじゃないかと考えることも多くなってます。
      私は人間が嫌いなので現状を面白く感じることは難しいですね。普段から弱者を人間として扱わない無能な政治家に今更何言われても響かないですし、自粛厨が恐怖心からギャーギャー騒ぎ立てて自警団みたいなことやって営業しないと生きていけない休めない業種の経営者を叩いているのを見ると絶望しますね。
      そんな状況を見せ続けられて癒しを絶たれた今、私自身もう限界がきているかもしれません。いつまた自分の考えをかけるようになるかはわかりませんが、精神が回復次第戻ろうと考えています。現在の状態が何か月も続いた場合1年以上書けなくなるもしくはこの世界からいなくなっている可能性もありますが・・・あまり興味がないかもしれませんが、どうぶつの森プレイ記と女子キャラクター研究関連の記事など好きなことの発信は続けていこうと考えておりますのでしばらくそちらでお楽しみください。

  2. 二次元だけが癒し より:

    お久しぶりです。twitterなどのSNSは自分の趣味の情報収集だけに利用したほうがいいかもしれませんね。自分も差別的言動にはうんざりしています。特定の外国人を誹謗中傷したり、反差別と謳いながら非モテ層や二次元美少女などの趣味を攻撃したりといったことに。落ち着いた時でいいのでブログの更新を楽しみにしています。ジョニーさんのブログは勉強させられることが多いので。

    • zyoken より:

      二次元だけが癒し様 コメントありがとうございます。
      わたしも今更なのですが、ネットの人間がここまで腐っていたことを実感した上に版権の子たちから心の栄養をもらえないことの辛さが身に染みています。現実の人間も買い占めや長蛇の列を見るたびに醜さを感じ人間嫌いが悪化してます。twitterでもこの騒動をきっかけに差別的言動を吐き出したり、コロナ恐怖に染まっている思想の合わない1000人近くをブロックしました。、もう人間の上位互換の女子キャラに近い思考を持ったヒューマン生命体が誕生しないかなと考えてしまいますね。
      このサイトではなかなか私の感情を中心に書くことも多いのでそう言っていただけると更新の力になりますありがとうございます。私が死にさえしなければまたいずれ書く予定です。あまり興味はないかもしれませんがゲームのプレイ記と女子キャラクター研究関連の記事など好きなことの発信は続けていこうと考えておりますのでしばらくそちらでお楽しみください。