2021年7月期の推しキャラクター

Pocket

今年の夏の気温が全体的に低くなり過ぎたせいか女子キャラたちもやけに尖りに尖った重めな子たちが多かった。そんな夏だった。それにしても今年ってやべえやつしかいないの?ってぐらい濃厚で個性的なラインナップですな。ここで一度言っておくが私はそういう女子キャラたちが好きなので問題ないむしろ誉め言葉として言っているつもり。

4月期から2クールである美弦姉はこっちに書き足しました。

前期(2021年7月期)推しキャラクター

星崎理香

登場作品:彼女もカノジョ
キャラクター:40/40満足 扱い:20/40満足 構成:10/20 総合:70満足(B)
CV:竹達彩奈氏(五等分の花嫁の二乃など)

コメント

恋愛系作品によくある3番目の法則をきっちり守っている(私が見てきた恋愛系作品の3番目の女子キャラに多いのが性格が強気系、主人公男に蔑ろにされがち、クラスの所属が別)金髪女子。配信者としての名前はミリカだがなぜその名前にしたのかは特に語られていない。かつては三玖さんの姉だったこともある。

勉強を強要する親父に反発し、努力と根性だけで人気動画配信者としての地位を獲得するほどの力を持っているが、自分の胸を配信に利用したり主人公男にストーカーするやべー奴でもあるので悪い巨乳とか言う異名が付いてしまった。これは影山のせい。その結果、勉強(学校の)とアンチと親父が嫌いらしい。おいミリカさんの親父、勉強を強要した結果娘の教育完全に失敗してんじゃねえか。まあその代わり自立心が生まれたから結果的には良かったのかも。つーかミリカさんのアンチは滅亡すればいい(私は推しのアンチが大嫌いです)。

やはりこの倫理観を欠いた作品の登場人物であるためか、主人公男の家の庭でキャンプしながらでも惚れさせようとする恐ろしい子。そしてこの作品の女子キャラの中でもトップクラスの扱いの悪さ。これはサキサキと渚ちゃんが主人公男と両想いなのに対してミリカさんは主人公男への一方通行状態だからそして何よりやり方が強引すぎるのがいかんのだろうか。私はあの倫理観の崩壊した世界を基準にするなら別にそこまでのことしてねえだろって思うのだが。簡単に女子キャラを殺害するようなクズに比べれば全然ましだろうがよ。

まあこの作品の主人公男は正直私が見てきた主人公男の中では一番嫌だなーって思ってしまう。他の女子キャラに比べてミリカさんに対しての対応が塩すぎるんだよな。二又は良くて三又はダメなんだとか言いながら原作では追々(監視員としての)紫乃ちゃんのことも受け入れてるし・・・ミリカさん不憫すぎるんすよね。主人公男ふざけんなって見ながら何回言ったことか・・・ま、主人公男は真面目というよりか(正妻サキサキの意見を)鵜呑みするムカつくクソ野郎としか思えなかったし。真面目でインテリな癖に主体性がない主人公男ってこんなに恐ろしいんだな。

不憫可愛いとかいう意見もあるが、そうしてしまうのってどうなのだろう。悪いね私推しの幸せを一番に考えるモンスターペアレントで推しが不憫の扱い受けていると暴走する人間だから。作品としてはコントと同様な感じで見ると結構面白いものかもしれないとは思いますが。

それとミリカさん推してるとサキサキに対して嫌な感情持つようになってくるのって私だけ?たぶん私だけなんだろうな。結局主人公男に積極的に行動した点はいいものの空回りして踏んづけられて脅されてタクシーの金だけ払わされて終わった印象しか残らなかった。最終回で少しだけ二推しの紫乃ちゃんと絡みがあった点だけは評価しておくことにする。

推し以外のお勧め

桐生紫乃・・・サキサキの友人である第4ヒロインでこの作品の女子キャラ勢では唯一のインテリ。友達思いで令嬢っぽい佇まいがすごく好き。まともかと思ったらこの世界なのでそうでもなかった。1話からちょくちょく出ているが、本格的に動き出すのは11話と激遅である。動かすの遅すぎ投入するなら8話ぐらいで入れろよ。主人公男を問い詰めていたところをミリカさんと同様渚ちゃんに写真を撮られ脅されることに・・・しかも主人公男に全裸を見られるという・・・正直私からすればこの作品の女子キャラはミリカさんと紫乃ちゃんのツートップって感じだからずっとアウェイ感を感じていたのは私だけではないはず。

平安名すみれ

登場作品:ラブライブ!スーパースター!!
キャラクター:40/40満足 扱い:10/40満足 構成:17/20 総合:67満足(B)
CV:ペイトン尚未氏(私の中ではすみちゃんが初)

コメント

4代目ラブライブのメインメンバーの一人で金髪に赤い装飾品をしており、性格も強気寄りで奇行に走りがちという上記のミリカさんと結構被っているお方。よく見ると睫毛の色も髪色と同じ金色になっている珍しいタイプである(ほとんどの女子キャラは髪色が赤や青でも睫毛の色は黒で統一されている)。雫ちゃんや果南さんと同様メンバーカラーが緑なのに緑要素が一切ない・・・と思ったらすみちゃんは目が緑色であり、緑要素がない他のイメージカラー緑のアイドル系女子キャラの中では頭一つ抜けている。なお、平安名は沖縄由来の苗字だそうだが、実家は由緒正しき神社ですみちゃんには沖縄由来のルーツはないとのこと。っていうかすみちゃん自体に沖縄感ゼロだし・・・

1話でのんちゃんに向かって急に怒鳴り散らし、2話ではスカウトされようとわざとらしく鼻にクリーム付けてクレープ食べてわざとらしく周囲にアピールする、3話ではクーカーのライブの時にアシストしようとしたのかは不明だが、行動しようとした際に電源ケーブルにつまずいて抜いてしまいアクシデントを引き起こし、ライブ後はギャラクシーの言葉とともに逃走する、オリンピックが足枷になりまともな出番ももらえず3週間が過ぎようやく4話で当番回が来たと思ったら甲子園に巻き込まれて放送が大幅に遅れ、放送されればグソクムシの歌や秘密を見られたのんちゃんに妖怪のような顔芸して捕まえ、敷地内の小屋に監禁して呪いをかけようとするなどインパクトを与えてくるやべー奴。

序盤変なことをするとSNSですぐに叩かれる第一印象が大事な女子キャラ界でこんな扱いなので愛ちゃんの件でダメージを負っていた私からすれば先行き不安でしかなかった・・・そして歴史は繰り返されてしまった。加入後は6話で料理上手という強みを見せたと思ったらその次の話で生徒会選挙に出馬して理事長に悪い行いがバレて-20票を食らい、その直後に排泄物を催したような奇抜な恰好でれんれんちゃんを尾行させられるという私から言わせてもらえばいい加減にしろと言いたいレベルの扱いを受けた。オリンピックの影響で遅れたのにこれかよ・・・

やっぱラブライブ初代の監督と脚本家は悪い意味でふざけてばかりだな(サンシャインの監督もルビィの魅力を全部奪ってマスコット化を進めたので大概だが)。この監督は大ヒットしたゆるキャン△の監督のはずなんだけどな・・・5代目作るときはスタッフ変えた方がいいんじゃね?もしくは愛ちゃんたち虹ヶ咲のスタッフでやるとか。

すみちゃんがこんな扱いを受けるのは彼女がラブライブ系統で言えば善子ちゃんやかすみんらと同系列の奇行に走りがちなネタ枠タイプだかららしい。私は扱いの悪さから愛ちゃんと同系列だと思ってたんだが(とはいえ愛ちゃんの扱いが悪いのはスクスタの方のみなのだが)。そういや誰かがラブライブ系統の金髪はポンコツなんだぜって言ってたような気がするが、エリーチカ様にはそういう描写あったが、愛ちゃんはポンコツじゃねえからこの論は成立しませんなぁ?

そしてすみちゃんがラブライブ系統で私が一番好きな愛ちゃんを超えられたかどうかはまだわからない。13話まであると思うので残りの回で大逆転がある可能性は否定できないがこの扱いじゃ未来に期待できない・・・オリンピックの影響で遅れたので、最終回迎え次第書き足すことにする。それと今日はすみちゃんの誕生日。おめでとう。

沢田千秋

登場作品:かげきしょうじょ!!
キャラクター:38/40満足 扱い:20/40満足 構成:17/20 総合:77満足(B)
CV:松田颯水氏(パウパトロールのラブルなど)

コメント

十勝出身の双子の妹。宝塚系の演劇の作品であり、閉鎖的な縦社会やイビリが苦手な私は避けるか避けないか考えている時期が一時的にあったが、JKの女子キャラがただでさえ減少している今年は作品を重いかどうかで選んでいる暇はないのである。ちあちゃんはこの歌劇団に受かった時点で高1なので年齢的にはJKとなるので問題ない。

だが、この作品の主要女子キャラたちは何かしら闇を抱えており、序盤の愛ちゃん(奈良田の方)や山田さんの時点で結構重さを感じてしまった。そしてちあちゃんも例外ではなかった。というのもこの子、1年前の99期生の時に姉の千夏ちゃんだけが受かってちあちゃんだけが落ちてしまい、引きこもり生活をするようになってしまったという過去があり、その結果千夏ちゃんが入学を辞退するという苦しみを味わっているやっぱり同じような見た目の双子ならどっちかいればいいやってことで落としたんだろうか?パウパトロールだったらちあちゃんの方が選ばれてるのになCV的に。

5話で千夏ちゃんがその闇である嫉妬の片鱗をのぞかせており、2人の当番回である9話でその闇は全開になってしまった。体育祭の時にやってきたお偉いさんであるミレイさんが千夏ちゃんとちあちゃんが双子だと気づかずに(本当は気づいたようだが)騒動が起こり、喧嘩に発展してちあちゃんが家出する(と言ってもさらささんと愛ちゃんと部屋を入れ替わるだけ)発展してしまった。千夏ちゃんの我慢とちあちゃんの罪悪感がそれぞれの心に不満として溜まり、何でも言いあえる関係でなくなったことによりこの争いは起こってしまったのだろう。しかし、正直こういう問題はどこかで清算しないとだめなものなのかもしれない。

終盤で千夏ちゃんがミレイさんに謝罪したことで仲直りすることができ、双子とはずっと一緒にいられるわけではない、すでに別れた道を歩いているしかし、道はまたいつか交差するということで話がまとまったようだ。私は何があってもちあちゃんについていこうと思う。私はアニメが始まる数か月前から作品を調べてこの子だって思った子を推しに選んでいるんだからさ。

格好も行動も言動もそっくりすぎる双子とはいえ、ずっと一緒にいられるわけではないということは親からバニシングツイン(妊娠時は双子だったが後に片方の胎児が消えるように亡くなってしまうこと)だと聞かされたことがある私としては何となくわかる気もするが・・・関係ないか。メイン女子キャラ全員を主人公として立たせ、全員の抱えている悩みを書いた点は構成しっかりしてるって感じました。ちあちゃんたちは双子は9話以外影薄すぎたけど。羨ましいなぁ山田さん当番回2回ももらえて・・・

それとこの作品は最初から少女漫画誌で連載してたんじゃなくてジャンプ系列のジャンプ改で連載してたのが意外。ジャンプ改が休刊したことで少女漫画で有名な白泉社のMELODYに移籍したようだ。なるほど、女子キャラ漫画のことを調べることは色々と勉強になりますねえ。

宮沢風花

登場作品:白い砂のアクアトープ
キャラクター:40/40満足 扱い:31/40満足 構成:18/20 総合:89満足(A)
CV:逢田梨香子氏(かくしごとの千田奈留さんなど)

アイドルを引退した元アイドルというJKが出てくる女子キャラ系アイドルアニメが横行している今年には珍しい逆行したポジションにいる。1話冒頭で転校の手続きをしたと発言しており、その後行った沖縄でくくるんが彼女に「高校生?」と聞いており、5話では母親が新学期が始まるころには帰ってきなさいと言っているのでアイドルと学生を両立していた雫ちゃんらと同様のタイプだと推測できるので問題ない。大学生かもしれないって?大学は高校と違ってそう簡単には転校できないから可能性は低いだろうし、とある台詞からくくるんとは同い年であることが分かるため、高校3年生で問題ないだろう。最初は色々あったが沖縄で暮らした1ヶ月を経てくくるんとは百合夫婦姉妹のような関係性を築いた(実際、くくるんにも生まれてくることができなかった双子の姉がいたようだしバニシングツインの私としては何となくシンパシーが・・・これ言うの2回目だけど)。ふらっと沖縄に行ったことは無駄にならなかったどころか彼女にとって良い経験になっただろう。

後輩の事情を聴いて自分のポジションを譲ってアイドルを引退したりもするが、岩手に帰ろうとしたつもりがふらっと沖縄に行ったり、11話では水族館の閉館に抵抗するくくるんのために真っ先に台風の中水族館に向かってそのまま立てこもりに協力しているなど、全体的に見ても優しさと行動力は並外れているような気がする。台風で設備が破壊された時絶望するくくるんに言った言葉「夢を失っても未来がなくなるわけじゃない。」・・・か。夢を失った風花だからこそ説得力のあるいい言葉じゃないかそういうところ好きよ。

最終的には終盤で後輩アイドルを通じて映画監督からオファーをもらい、くくるんの後押しもあって映画に出ることを決め東京に戻ることにしたようだ・・・と思ったら飛行機に乗らず、くくるんのところに戻り姉になる宣言をして映画のオファーは蹴り、新しい夢を見つけるために実家に帰ることにしたようだ。姉になるんじゃなくてさ・・・結婚しろ。EDが深海遺跡で幻想的な雰囲気なのもよき。くくるんと風花の間に百合の波動があることを感じさせてくれる。このEDだけで結構お腹一杯になるのも◎。

とまあ綺麗に〆ようと思ったが12話が終わった後に気づいてしまった。この作品が2クールだってことに。後半はくくるんたちが新しい水族館ディンガーラを舞台に奮闘する話になるのだろう多分。視聴は継続するが今年が色々とアレなので重くならないか心配な所。それと風花はすぐ帰ってくるって言ったけど果たして帰ってくるのか・・・2クール目少し見たけどなんか全く違う作品になっていたんだけどそう感じたの私だけ?

推し以外のお勧め

照屋月美・・・いつも実家の飲食店を手伝っている作中での愛称はうどんちゃんだけど私は月美ちゃんと呼んでしまうくくるんの友人。いずれは独立して自分の飲食店を持つのが夢らしい。序盤はあまり目立たなかったが6話の海の生き物を催したかき氷の話でさすが飲食店の娘ですなーと思った。なお、彼女もカノジョの渚ちゃんとは中の人が同じだったりする。

平原美弦

登場作品:BLUE REFLECTION RAY/澪
キャラクター:35/40満足 扱い:13/40満足 構成:17/20 総合:65満足(B)
CV:上田麗奈氏(安達としまむらの永ちゃんなど)

コメント

最終評価はこちらに書き足しました。

総評

正直今期のメイン層の金髪ツートップがどっちもアレな扱いだったため、全体的に低い評価を付けざるを得なかった。その一方で一番安定してたのは断トツで風花。それにしても今年って変な方向に尖った女子キャラが多いなぁって思った今日この頃・・・そんなわけでこれまで出会った色々な意味でイカれた2021の推しキャラたちを紹介するぜ!

自分で自分をどうかしているんだよって言っちゃう夢芽ちゃん

最初から不穏な感じはあったけど選んだら22話までずっと悪役だった上に最後はいなくなってしまった美弦姉

自身がドルオタなのに自分も前線に飛び出してアイドルになった雫ちゃん

自慢の頭脳で策略を立ててライバルを出し抜こうとする黒羽

姉に対して自分だけ落ちたという足枷のような闇を抱えていたちあちゃん

主人公男を落とすためにストーカーして主人公男の家の庭で一夜の間キャンプして根性で配信もしたミリカさん

1話から奇行を繰り返しラブライブ系統の色々やべーアレなポジションを継いでしまったすみちゃん

アイドルアニメ全盛期にアイドル辞めて実家の岩手に変えるつもりがふらっと沖縄行って大切な存在を見つけた風花

2話の愚行で見事に炎上してしまった炎上女王レミさん

・・・まともって言えるの十子ちゃんだけだなうん。もうここまでくると10月期にどんな女子キャラに出会えるのかオラワクワクすっぞ。テンプレな女子キャラにも飽きられがちだから尖った子が増えている傾向にあるのかもしれないしそうじゃないのかもしれない。なお、何度も言っておりますが、我がJKK女子キャラクター研究所は尖った個性的な女子キャラたち全員を応援しております。

多分のこの現象はJKの女子キャラを求めるとオンリーワンよりナンバーワンかつトップを争う宿命から逃れることができないアイドル系アニメを主力にせざるを得なくて、なおかつ芳文社(きらら)枠がないのも原因なんだろう。よくよく考えてみれば今年はゆるキャン△の2期だけだし、次のスローループは2クール先の1月からだしなぁ。とはいえ、10月からはやくならマグカップもの2期があるので十子ちゃんが帰ってくる上に風花が継続なので今期よりは安定する・・・はず。

今期の格言

まともなんて期待したら個性というしっぺ返しが飛んでくる。それが女子キャラだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク