他人に向かってキモいという人間こそ本当にキモい人間

Pocket

私の嫌いな言葉の一つでもある「キモい」。この言葉は安易に使える上に相手を傷つけるのにも最高のダメージをたたき出せる言葉の凶器だ。

とはいえ、人間には生理的嫌悪感が存在しており好きな物もそれぞれ違うので、実際私にも気持ち悪いと思ってしまう物やことは存在しているのは事実だ。

しかし、拒絶されたりいじめにあった人間は自己肯定感は育たたない上に場合によっては死ぬまで生きることの辛さと戦う羽目になってしまう。中には自分の好きなものを傷つけるような発言を聞くと過剰に反応して発言してしまうなどの後遺症もある。

なので私はキモいと平気で言える人間こそ本当にキモい人間だと思っている。今日はそう思う理由を書いていく。

過剰に反応するのは過去に痛めつけられたことがあるから

私も該当するが、傷つくような言葉を言われて過剰に反応してしまう人間は過去に傷つけられた経験のある人間だと思っている。

例としてはTVやらネット掲示板やらでオタクへキモい、犯罪者予備軍などの言葉に対して過剰に反応して発言した人間に対して反論しまうなどのことがあげられるだろう。これは私にも当てはまるのだが過去に

いじめを受けたり、自分の好きなものを否定されるなどの自らが大切にしているものや自分自身を否定されたり傷つけられた経験があると自分の大切にしているものを守ろうとして過剰反応してしまうのではないかと思う。

私の否定された経験はポケモンだった(この頃は女子キャラクター関連は伏せていた)。ただ♀の個体を大切に育てて技の構成を考えてバトルするのが好きなだけだったのにポケモンを育てているだけで異常者(とはいえ、いじめ連中へのいじめ攻撃への反抗の意味でたいあたりなどの技を繰り出すなどはしていたが。その反応が面白かったのだろう)扱いされましたという話である。

女子キャラクターも普通の人間から見たら異世界の生物に見えるのかもしれない。だがそれでも私はまるで悪者のように何も悪いことはしていないオタの人間が犯罪者予備軍のように悪く言われることに納得することができない。反論すればもっと有益なことに時間を使えだの権力持ってみろだの・・・馬鹿馬鹿しくなってくる。

宮崎勤の事件以降殺人や誘拐をした犯人をなんとかアニメと結び付けようとし、オタク叩きを繰り返すワイドショーを見ていると苛立ってしまうので私は見る番組を大幅に減らした。前述の後遺症と元は私もオタクだったので未だにそういう番組は見たくもない。

人間の立場が平等でも公平でもないのはわかるが、私はどうしても女子キャラの行動を観察したり研究したりすることを楽しく感じる人間だということに嘘はつけない。

私はこれらの経験から人間からの理解を放棄し以下の結論に行きついた。

気に食わないこと言う人間はブロックしていいんだ

私が行きついた結論は気に入らないサイトやアカウントや発言者などのブロック・・・つまりは普通の人間や合わないと思った人間との住み分けこそ大切なのではないかと思っている。

自分が見ていて不快、気に食わないことを言う人間はブロックしてかまわないと思う。私は常に女子キャラクターをそばに感じてここまで育ってきた。だからこそ女子キャラクターやそれを好むオタクはキモいなどと言う人間に逆に嫌悪感を感じるし、死んでも理解することができないから互いに不幸を呼ぶだけだ。

そんな私なので、twitterでは同じような趣向や考えを持つ人間しかフォローしないし、女子キャラクターに向かってキモいだの死ねだの言っている奴は容赦なくブロックしてます。無論読んでて何かを馬鹿にしていたりして腹が立ったサイトもすべてブロックしている。これからは住み分け社会の時代だ。

気に食わないと思った相手やサイトをブロックすることに罪悪感なんて感じなくていい。なぜなら私から見れば相手側の多くが理解できない無理キモいしか言ってないようにも見えるし、相手側も同じように思っている場合が多いだろう。見たくない、傷つきたくない、ブロックしたい気持ちに嘘はつかなくていいんだ。

キモいは思考停止の言葉だ

私は今では人間が嫌いであると言っているがこれでもかつては

全ての人間は仲良くできると信じていた時期があった。

これは学校が押し付けてくるみんな仲良くしましょうの影響から全ての人間は仲良くできるのではないかと思っていたからだ。しかし今は所詮幻想でしかないと思っているが。

人間の大半は普通の領域から外れた異常な人間やキモいと判定した人間を集団で拒絶することも多い。様々な経験を経て私は現在、人間は簡単に理解しあえる生き物ではないという結論に行きついた。

私にとってキモいは自分の意志を表示できない奴が使う思考停止の言葉だと思っている。私はキモいと言われて若い時代を過ごした辛い日々があるのでキモいと思ってしまったものに実際に口に出したりSNSに絶対に書いたりはしない。それに私はキモい人間を作り出しているのは相手にキモいと平気で言える人間だと思うし、そういう人間こそ引きこもりを生みだす引き金を引いているのではないだろうか。

今現在の私が他人からどう見えるのかは知らないが、普通の基準で見ればどうしようもない虫以下の奴にしか見えないのは事実だろう。人間という生き物は理解できない少数派を虐げている生き物でもあるのだろう。

私はこれからも嫌いだと思ったものや暴言を吐く人間共をブロックしつつ女子キャラたちの研究を続けることにする。

それ以前に人間という生き物に理解求めること自体が間違っているのかもしれない。ああ生きにくい・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 二次元だけが癒し より:

    同感です
    キモいだの暴言をはく奴等は他人にどうこう言えるだけの容姿なのかと思いますし、自分も過去このような暴言をはかれ上記の反論をして喧嘩になることが多かったです。

    • zyoken より:

      二次元だけが癒し様 コメントありがとうございます。
      私もそうなのですがやはり暴言を吐かれるなどして心にダメージを負うと過剰に反応してしまいますよね。だからといって反論をすれば反論したほうが悪いと言われてしまう・・・やはり話し合えない相手は情報を遮断するか、関わらないようにするしかないのだと思います。私としては気軽にキモいなどという言葉を使う人間は自分がキモいの領域にすでに入っていることにも気づかない人間としては認めたくないぐらいの低レベルだと思っています。