ドダイトス+αにできる限りリボンをつけてあげる旅 その7

Pocket

やっと終わったバトルハウス。まあどっかのバトルタワーよりは簡単だった・・・なんて言うと思うのか?十分難しすぎてストレスマッハだわ。誰だガルガブゲンがいれば楽に勝てるっていった奴。勝てねえよ!一度目の50戦目まで行けた勝利まで5回ぐらいかかったわ・・・

そんなわけで今回は第6世代完結編といきますか。

バトルハウススーパーシングルについて

まず先に言っておきます。確かにバトルタワーより難易度は低いです。ですが私のようなバトル施設嫌いはそう簡単に勝てません。リボン付けのために8回挑戦しましたがすべてラニュイの所まで行けたのは4回だけ・・・結局半分は成功しているので慣れれば勝てるというのは事実だけどどっちにしろ運と伝説使いのベテラントレーナーが一番の敵である。40~49戦目の時に5人も出てきたときは流石にブチぎれそうになった。

スーパーシングルではバトルタワーと違い一人目から最終進化形態のポケモン(ポリゴン2は除く)を出してくるのでこれで50連勝するのはそこそこ厄介。もちろんガルガブゲンで挑んでも急所、ふぶきやれいとうビームによる氷状態、交代のタイミングのミスなどで運負けすることもあるので確実に突破する方法はないと言っていいだろう。

以下に私が育成したポケモンと厄介すぎて出てくるだけで嫌になったポケモンを記述するのでこれから挑む人は参考にしていただければ幸いです。

育成したポケモンたち

ガルーラ

個体値:31-31-31-31-×-31(おそらく特防は19ぐらい)

性格:ようき

ガルガブゲンの最強親子。メガシンカで子供を成長させたことによって特性がおやこあいになり、ただの一般的なノーマルポケモンから一気にエース級のポケモンへと上り詰めた。おかげで第6世代はガルットモンスターと呼ばれていたとかなんとか。なお、第7世代ではおやこあいに下降補生が入り再び失墜した模様・・・

基本的にメガシンカしてグロウパンチで攻撃を二段階上昇させ、おんがえしで殴れば大半のポケモンは沈む。だが、場合によっては積みなしでおんがえしを撃たざるを得ない状況の方が圧倒的に多く火力不足に陥って倒されることも多く完全無欠とは言い難い。多くの先駆者は先発を推薦しているが、ゲンガーと入れ替えで2番手以降に配置した方が安定する。

技構成はおんがえし、じしん、グロウパンチ、ふいうちorかみくだく。ふいうちの方がプテラ等が出てきたとき役に立つが、ゴーストを意識するならかみくだくの方がいいかも。じしんを抜いて両方持たせるのもあり。私の個体は第6世代に残っていた子を再度厳選して育てた。

ガブちゃん

個体値:×-31-×-×-31-31(HPはおそらく15、防御は28ぐらい)

性格:ようき

特にいうことはない最強ドラゴン。いつも通りつるぎのまいを積んでげきりんやじしんで攻撃する。HPの個体値低いけどな!特性は直接攻撃してくる相手にスリップダメージを与えられるさめはだの方がいろいろ役に立つ局面が多いが、すながくれでもバンギラスとかがまき散らしたすなあらしを利用して回避率を上げられるので役に立つことも。氷タイプに弱く、トドゼルガやフリージオと対面すると詰むのはいつものこと。

技構成はげきりん、じしん、つるぎのまい、みがわりorいわなだれorほのおのキバ。バトルハウスではみがわりを持たせ持ち物をラムのみにすることで状態異常に強くなる。ちなみにこの子は昔第五世代でさめはだが解禁されたばかりの時に厳選して育てた個体であったりする。

ゲンガー

個体値:×-×-31-31-×-31(耐久はどうせタスキ頼みなのでどうでもいい)

性格:おくびょう

ガルガブゲンのみちづれ担当。特性がふゆうになのはこの世代で最後。大体の人は2番手を推薦するが、先発にして倒せる相手を倒してからみちづれ使った方が使いやすいような気がした。高耐久ゴーストなどの苦手な相手が出てきたらガルーラに、でんじはを使ってくる電気タイプが出てきたらガブちゃんに交代するなどしてタスキを維持しつつ無償降臨を狙いながら戦いたい。

技構成はシャドーボールとみちづれが確定で残りは10万ボルト、マジカルシャイン、エナジーボール、ヘドロばくだんから選択。私は第五世代にいた昔バトルサブウェイで使ってたのを流用。なので仕方なく♂である。

ゲッコウガ

個体値:31-×-×-31-×-31(攻撃特攻素早さ以外はどうでもいい)

性格:おくびょう(かげうちのダメージを上げたい場合はせっかちやむじゃきもあり)

変幻自在というチート特性のおかげでカロス御三家の中でも存在感を放つ存在。私もXYをやったときはケロマツを選んだものである。

50戦目のラニュイ戦のみリボンを付けたいポケモンと共に参戦し、彼女の手持ちのイッシュおっさんズをれいとうビームで薙ぎ払うのが仕事。タイプを変えられることですべての技をタイプ一致で繰り出せるので、場合によっては伝説使いのベテラントレーナーが混じってくる40戦目あたりから参戦させてもいいかもしれない。

技構成はれいとうビーム、かげうち、自由、自由。れいとうビームはおっさんズを薙ぎ払うために必須でかげうちはトルネロスとランドロスのきあいだまを無効化するために重要なので必ず覚えさせること。できれば♀を育てたかったが、変幻自在で素早さVの個体で余ってたの♂しかいなかったので仕方なく♂を育成。

ガルガブゲンで挑む場合の厄介な奴ら一覧

テラキオン

スカーフを持っている個体がいるので先発ガルーラで行くと先手で聖なる剣を撃たれてガルーラが倒される。ゲンガー先発ならみちづれすればいいのでそこまで苦労はしないが後続の伝説が何なのか次第によってはゲンガーにみちづれさせたことで積むことも・・・スカーフ型テラキオンを止められる方法を知ってる方がいたらぜひ教えてくださいな。

トルネロス

ぼうふうときあいだまで大暴れする悪魔。いたずらごころかげぶんしんで運ゲーしてくる個体もいる上にメインウェポンのぼうふうは高威力な上に混乱の可能性も高く、ガルーラにもきあいだまを打ち込んでくるので出てきただけで運負けする可能性を持つ存在。ラニュイの個体よりもベテラントレーナーの手持ちにいる個体の方が恐ろしさ数万倍増しで怖い。ゲンガーでみちづれするのが一番良い対処法だがゲンガーよりも素早い・・・ゲッコウガであれば先手を取れるので40戦目からゲッコウガを加えて対処するのも一つの方法。私の度重なる敗北は大体こいつのせい。

クレセリア

高耐久を武器にめいそうつんでねむるをしてくる悪魔。ガルーラでグロウパンチを何度か積んでおんがえしで倒せばなんとかなるが、積む暇がないと高耐久でごり押しされたり、どくどくまもるで時間稼ぎをされて負けることも・・・なお、ねむるどくどくつきのひかりかげぶんしんの害悪型もいるが、このタイプであればゲンガーに有効打がないのでゲンガーでPP削りの泥沼合戦をするのも手。あとはちょうはつも有効。

ラティオス

第6世代で弱体化したもののフェアリータイプの伝説ポケモンがいないバトルハウスではその驚異的な強さは衰えない。ゲンガーと同速からのサイコキネシスやりゅうせいぐんは非常に高火力で並みの耐久では耐えられない。ガルーラでふいうちするかゲッコウガであくのはどうを撃つのが唯一の対処方法か。

ユキメノコ・フリージオ・マニューラ

ガルガブゲンで挑む場合に立ちはだかる悪魔の氷ポケモン3人衆。ガブちゃんを残した状態でバトルの終盤で当たると詰む。

ユキメノコはゲンガーと同じ素早さ、高威力のふぶき持ち、みちづれ持ち、おんがえしとグロウパンチを無効にしてくるという出くわすだけで絶望の象徴。ガルーラでふいうちするのが一番最適な倒し方。下記のムウマージらとの違いはじしんが当たること。

フリージオは特殊方面がかなり固くガブちゃんよりも足が速いという氷に弱いガルガブゲン3体ではかなり厄介な存在。物理攻撃さえ当てれば簡単に勝てるが、先制技のこおりのつぶてもあるのでガブちゃんしか残っていない状態で出くわしたら吹雪を外すことを祈るしかないのが辛い。

マニューラは上記2体以上に厄介な足の速い氷猫。攻撃さえ当ててしまえばいいのだが、ねこだまし、なげつけるなどでひるませてくる個体もいる上に足が速くきあいのタスキを持っている場合もあるので、一筋縄ではいかぬ。その一方耐久は弱くメガシンカしたガルーラのグロウパンチさえ当てることができればあっけなく倒せる。ゲンガー先発で出くわしたらさっさと道連れしてしまった方がいい。私は挑戦中に同じトレーナーが2体出してきたことがあって驚いたがゾロアークというオチだった。

ゾロアーク

ゾロアーク自体はそこまで脅威ではないが、大体が特性のイリュージョンで他のポケモンに化けている。見せ合いでもないのにゾロアークに化けているポケモンなんてわかるはずもないのでミスの指示をしてしまうことも多い。技で見抜くこともできるが1回は行動させないとわからないのもまた厄介。

プテラ

メガシンカしないので火力は低いものの足は最速なのでいわなだれを打ち込まれると動けなくなることもある。ふいうちで倒すのがいいが、特性がいしあたまやきんちょうかんならまだしも、プレッシャーだと連発しにくいのが悩み。

クロバット

プテラやサンダースと同じ素早さ130族の仲間。さいみんじゅつで眠らせてから攻撃してくる厄介者。幸い催眠術の命中率はそんなに高くないのが救いだが、それでも当ててくることもあるので・・・ふいうちで攻撃するのが一番だがさいみんじゅつで上手くかわされることも多いのが厄介。

ムウマージ・フワライド

こいつら自身は大したことはないのだが、ガルーラのおんがえし、じしん、グロウパンチをすべて無効化してくる。しかも補助技主体の奴が多いのでふいうちが当てにくい、おにびを撃ってきてガルーラを機能停止に追い込んでくるなど問題は山積み・・・ゲンガーで相手するか、ガブちゃんのげきりんでごり押しする、ガルーラの特性をきもったまにしてメガシンカさせずに殴るぐらいしか突破方法はない。

イバンのみ

ポケモンではないが、鈍足ポケモンが持っていることが多いきのみでHPが1/4まで減ると1回だけ先制攻撃できるようになる効果を持つ。ある意味不意打ちで急に出てくるのでこのきのみを持っているHPがギリギリになったポケモンに先手を取られ、HPが残り1のゲンガーやゲッコウガを倒されるなんてことはざらにあるので警戒しておきたい。

ラニュイの倒し方

ぺろぺろりーん!ここでは50戦目の攻略をしていくけんね!・・・失敬。ラニュイの手持ちはイッシュおっさんズである。素早い上に先発がランダムなのでこれまた厄介。だからと言ってダブルをやればルスワールちゃんがスイクンライコウエンテイラティオスとかいう第4世代のトラウマメイカーを大量に引き連れてくるし、トリプルやローテーションは時間がかかる・・・結局シングルを周回攻略するのが一番いいのだろう。

対策

ボルトロス

雷のおっさん。ワイルドボルトやフリーフォールを搭載した物理型。ゲッコウガのれいとうビーム1発で倒れるので3体の中では一番弱い。先発で出くわしたらチャンスである。こいつが特殊型でわるだくみを持ってたりしたらと思うとぞっとする。

先発がボルトロスの場合はきあいだまがなくこだわりスカーフも持ってないのでワイルドボルトを撃たれる前にれいとうビームを撃ちさっさと倒す。後続にどちらが出てきた場合でもかげうち→れいとうビームで対処すれば問題なし。

ランドロス

大地のおっさん。だいちのちからやきあいだまを搭載した特殊型でこだわりスカーフを持っているという厄介者。ゲッコウガで挑む場合きあいだまを回避するためにゴーストタイプになれる先制技かげうちで無効化することで技をきあいだまのみに縛れるのでだいぶ楽になる。

先発がランドロスの場合はかげうちできあいだまを無効化してかられいとうビームで倒す。また、かげうちを使ってきあいだましか打てなくなってしまった場合後続がいれば高確率で交代してくるが、出てきたのがトルネロスならヤチェのみを消費出来て倒しやすくなるだけ、ボルトロスは前述の通りれいとうビームを食らって倒れるだけなのでそんなに問題はない。再度ランドロスが出てきたらかげうちするのを忘れないようにすること。

トルネロス

風のおっさん。かげぶんしんとみがわりで運ゲー、ぼうふうで混乱、きあいだまでゲッコウガを確実に狙ってくる、しかもれいとうビームを半減するヤチェのみ持ちという3体の中では一番強いおっさん。こいつのせいで負けることも多々ある。

先発がトルネロスの場合はかげうちしてれいとうビームで・・・と言いたいところだが、ヤチェ持ちなのでれいとうビームを確実に一発耐えてくる。ぼうふうを食らって混乱してしまった場合は後続のリボン付け対象のポケモンと交代して確実に混乱を解除した方がいい。ゲッコウガ戦法で一番確実なのはれいとうビーム一発目を撃つ→トルネロスが撃ってくるきあいだまをタスキで耐える→れいとうビーム二発目で倒すこと。とにかく負け筋に繋がりやすいぼうふうやかげぶんしんを使わせない立ち回りを意識した方がいい。

私の実体験

私の実体験を語ると先発ランドロスのパターンでランドロス撃破後、トルネロスが出てきたのでかげうちできあいだまを無効化したら次のターンでぼうふうを撃ってきてゲッコウガを混乱させてきたので後続にいたリボン付け対象のボーマンダと交代させてメガシンカさせ1発目はかげぶんしんで回避されたが2発目のハイパーボイスで無理矢理倒した後、そのまま最後のボルトロスのワイルドボルトを耐えきってげきりんで倒したというケースがある。なのでゲッコウガが倒された時用に後続に戦力のあるポケモンを仕込んでおくのも対策になる。

ゲッコウガ以外にはからをやぶるとつららばりを搭載してタスキを持たせたパルシェンを使うという手もある。一度積んでしまえばおっさんズから先手を取れるのでつららばりで全員倒せる。連続攻撃なのでトルネロスの持つヤチェのみも脅威にならない。

だが、パルシェンの場合混乱した時はゲッコウガ以上に運任せになってしまう(交代すると積みが解除されるため交代もできないので)デメリットも存在する。

第6世代終了第7世代へ進む

バトルハウス攻略によりやっと終わった第6世代・・・1ヶ月でクリアしたいとか言ってたけど少し余計にかかってしまったような気がする。ガルガブゲンで勝つ場合は慣れる必要と運を味方に着ける必要がある。ORAS限定だがメガボーマンダハッサムゲンガーの布陣で突破するマンダゲンハッサムというパーティがあり、そちらは更に効率が良くなっているそうなのでガルガブゲンでどうしても勝てない場合はそっちを試してみるのもいいかもしれない。

次は第7世代のアローラ地方へ送る必要があるが、アローラへの移動方法はポケモンバンクにポケモンたちを預け、そのままサンムーンかウルトラサンムーンで引き出せばそれでOK。ただし、送ってセーブしてしまったらXYやORASには二度と戻れなくなるので努力値の振り直しなどをしておきたい場合は先に全部やっておくこと。私は一応送る前にYでアッキのみとタラプのみを育てておいたのでデンジャースープを作ったりして努力値を振りなおした。アローラ地方はだいぶ久しいが、リーリエたそもいるし少し楽しみでもある。さーてもう少しですべて終わるぞ・・・

最後に私のバトルハウスでの最高連勝記録を残して、第6世代編を終わることにする。たまたまラニュイの撃破後にガルガブゲッコウガでどこまで行けるかやってみたけれどまさか82連勝できるなんて思わなかったのぜ。まあ私は連勝にはそこまで興味ないんでな・・・

現在のドダイトスのリボン48個(ホウエン組は70~74個)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク