ドダイトス+αにできる限りリボンをつけてあげる旅 その8

Pocket

カロス編を終えた私はドダイトスたちと共にアローラ地方にやってきた!リーリエたそ久しぶり~!

そんなわけでやっていこうか第7世代編。ここまでくるとすごいとっくんで個体値の矯正もできるようになるので、RSEのホウエン組のポケモンたちやDPPTHGSSのメロボ乱数の色違いポケモンたちは大半低個体だと思うので矯正してあげると戦いやすくなる。

サンムーンとウルトラサンムーンの違い

私は両方買ってやったのでもうすでにいろいろ経験済みだが、これからやる人に向けて違いを書いておく。

教え技

まずこれ。ウルトラサンムーンには教え技があり、前作から引き続き有用なものも多い。水物理わざのアクアブレイク、メガメタグロスのかたいツメ適用になる地面技のじたんだなどこれらがあるだけでバトル施設の攻略が優位になるのでありがたい。

四天王

四天王に違いがあり、手持ちポケモンも変わっている。

サンムーンはハラさん(闘)、ライチさん(岩)、アセロラちゃん(霊)、カヒリさん(飛)

ウルトラサンムーンはマーレインさん(鋼)、ライチさん(岩)、アセロラちゃん(霊)、カヒリさん(飛)

また初回チャンピオンをかけて戦う相手も違いがありサンムーンはククイ博士、ウルトラサンムーンはハウ君となっており、2回目以降のチャンピオン防衛戦に登場するトレーナーも若干違いがある。突破だけを考えるならサンムーンの方が楽。

ウルトラネクロズマとかいう鬼畜の有無

ウルトラサンムーンは色々と優れていると言われている中唯一の問題点としてウルトラネクロズマという鬼畜ポケモンがいてストーリークリアをするためにはこいつを倒さなければならない。簡単に言えば

種族の暴力と理不尽な攻撃をしてくる狂気的な奴を旅パーティで倒さなければならないということ。

他にもズガドーンやツンデツンデなどの新規のウルトラビーストの追加、マンタインサーフなどのミニゲームの追加、ヌシールを集めて主ポケモンを入手できるなどの要素があるが、まあこれ以上書くと長くなるのでこの辺で。総合的に考えるとウルトラサンムーンの方が優秀。後述したがカミツルギが欲しい場合が多いと思うのでサン系をメインロムにするのがいいか。なお、ツリーに出てくるトレーナーはムーン系の方が楽と言われているそうな・・・ジレンマだなこれ。

第7世代で取れるリボン

ここまでくると取れるリボンが減ってきて楽になってくる。そのためアローラ初出のポケモンたちはリボンコンプがすごくしやすい・・・はず。以下が第7世代で取れるリボンである。

アローラチャンプリボン

アローラ地方のポケモンリーグでチャンピオン防衛を達成すると手持ち全員にもらえる。四天王は前述のとおり違いがあるがここまで来たのであればレベル100のポケモンがそろっているはずなので楽々貰えるリボンだろう。

ロイヤルマスターリボン

ロイヤルドームのバトルロイヤルで優勝するともらえるリボン。正直このバトルシステムはサンムーン当時から意味が分からないところがあり、勝ち数を稼ぎつつ自分以外の誰かを全滅させる必要があるのだが・・・一気に3人を相手にしなければならず、運に左右されがちなので場合によってはバトルタワー並みに苛立つかもしれない。

グレートツリーリボン

バトル施設のノーマルの方で20連勝するともらえるリボン。ボスはレッドさん(ダブルはグリーン)。ウルトラサンムーンではなんとこちらレベル100の状態で相手レベル50の相手を倒し続けるだけでいいのでかなり楽に取れるリボンとなっている。おまけに幻ポケモンやグラードンやイベルタルのような禁止級伝説も参戦可能という大盤振る舞い。ぜひ取っておきたい。

マスターツリーリボン

バトル施設のマスターの方で50連勝すると手に入るリボン。ボスはこちらもレッドさんである。出してくるポケモンもカビゴンやラプラス、フシギバナリザードンカメックスと言った豪華メンバーであるがゆえにバトルハウスよりもはるかに難しくなっている模様。

なかよしリボン

今作ではポケリフレで虹色のポケ豆を3つ食べさせればなかよし度が最大になり、簡単に手に入れることができるようになっている。第6世代で取るのが面倒だと思った人たちはこっちで取るのが良い。虹色ポケ豆もすでにサンムーンやウルトラサンムーンをプレイしたプレイヤーならそこそこ集まっているだろうし。私のデータはムーンに103個、ウルトラムーンに95個あったので余裕だった。

後はがんばリボンとあしあとリボンも引き続き取れる。

それでは第7世代編開始します

ここまでくるとリボンも少なくなってきたので取りやすいものも多い。アローラチャンプリボン、グレートツリーリボン、なかよしリボン、少し難しかったがロイヤルマスターリボンはなんとか全員分取得。最後はマスターツリーリボンだが・・・第7世代の育成環境はだいぶ引き払ってしまっていたので、先駆者のパーティを参考に組みなおす必要が出てくるだろう。

実は私はまだウルトラサンムーンで現役だったころ、結構マスターツリーに挑戦していたようで、所々にマスターツリーリボンを持ったポケモンがポケモンHOMEやいるのを確認している。このうち第7世代に残留しているのはテッカグヤとカプ・コケコ(この2体は調べたらマスターツリーリボン持ちでおそらく当時の私のマスターツリーリボン取得に貢献していた可能性が高い)、カプ・テテフの3体ぐらいなので、彼らを主軸にパーティを構築しようと思う。当時はメガボーマンダ、ギルガルド、カバルドン辺りを当時は使っていたようだが・・・当時の私と対話してみたいもんだ。

どこを調べてもカミツルギがいいよ!って意見はかなり聞くが、ずっとムーン派だった私の手元にカミツルギはいない(カミツルギはサン限定。昔ならGTSで手に入れることもできただろうが今は・・・)のでカミツルギは除外して考えなければならない。バトル施設はいつも私を悩ませる・・・ここもできれば1ヶ月目安で突破できればいいのだがな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク