ドダイトス+αにできる限りリボンをつけてあげる旅 その5

Pocket

はい久しぶりにポケモンリボンつけやっていこうと思うのですよ。まあこの2ヶ月ずっとHGSSバトルタワーやっててもう嫌気が差したから次に進むことにしたわけです。グレートアビリティリボンとマルチアビリティリボンは取らんことに決めました(一応前者はラグラージとメタグロスにだけ付けることはできたけど)。何度やっても運ゲで蹴り返されるしストレスたまるためのリボンなんかいらん。どうせカロスに連れて行ったら統合されるし。

どうしてもほしい人はDPタワーをガブちゃん、ドーブル、メタグロスの3体で登れば結構いいところまでは行けるよ運が良ければ。HGSSタワーは無理ゲだ。結局クロツグのところまで行ってもクレセリアはだいばくはつで巻き添えにできるが、タスキヒードランと粉レジギガスにボコられて負ける。やってらんね。

マルチアビリティリボンは49戦目まで行ったのだが、50戦目でマルマインとハガネールにボコられて負けましたとさ。おかげでもうすっかりやる気失くした。バトルタワーは腐ってやがる。

第5世代への転送

そんなわけで鬼畜バトルタワーに唾吐きながら第5世代へポケモンたちを転送することにする。ポケモンたちを第5世代に連れて行くにはポケシフターという施設を利用する必要がある。ポケシフターではミニゲームで第4世代から連れて行くポケモンたちを狙い、捕獲するゲームをする必要がある。また、DSが2台必要になることも頭に入れておく必要がある。これにてドダイトスは故郷の第4世代を離れることとなった。さらばシンオウ地方・・・

なお、今から転送のためだけに第5世代を買う場合はBW2の方がお勧め。その理由としてはエンディング後に行ける自然保護区で確定シンボルで色違いオノノクスがゲットできるからだ。2であればブラックでもホワイトでもどちらでもゲットできる。ポケシフターはどっちにしろエンディングを迎えないと使えないので色オノノクスが確実に手に入るBW2の方が得した気分になれるぞ。とはいえBW2は中古でも2000~3000円ぐらいするので色オノノクスいらないから安く済ませたい人はBW1でもOK。

私も色オノノクスを10年放置していたが今回メンバーに加えて連れて行くことに決めた。放置するよりこの先の世代に連れて行ってできる限りのリボンをつけて愛でた方がいいだろうたぶん。捕獲は好きなボールで可能なので私はゴージャスボールで捕獲。

また、第5世代にはリボンが無くがんばリボンすら付けられない。唯一付けられるものとしてはBW2のポケウッドのポケウッドスターがあるが真面目にそれぐらいしかない上にこのポケウッドスターはリボンではないので後の世代に反映されることはない。さっさと通り過ぎるのがいいだろう。イッシュ地方への滞在期間は短いのである・・・それとこの世代からは技マシンが何度も使えるようになるので技の調整するのもありである。

以下が第4世代から第5世代へ送る手順である。

1、送るポケモンのリボンを確認する(あしあとリボンなど条件が変わっているリボンは取れなくなってしまう可能性もあるので)。

2、送るポケモンの秘伝技をすべて忘れさせる。

3、送りたいポケモンをボックスに預ける。

4、DSを2台用意してBW2と第4世代のソフトを入れて起動する。

5、BW2側でポケシフターのある15番道路へ行き、ポケシフターを起動させてポケモンを捕獲する。

6、BW2側へ捕獲できたポケモンが送られる。

第6世代の旅

ポケシフターでポケモンたちを捕まえたらBW2のボックス1へ集合させよう。そこからポケムーバーで利用してポケモンバンクへポケモンたちを送り、第6世代XY・ORASのソフトへ転送する。なお、この時点で第6世代を飛ばし、第7世代のSMへ送ることもできるのだが、そうしてしまった場合第6世代の世界へ二度と送ることができなくなるので注意してほしい。第6世代しか取れないリボンもあるのでそれらをつけることが不可能になってしまう。

そんなわけで第6世代でつけられるリボンを見て行こう。第6世代は第4世代と比べると鬼畜度はだいぶ減っている・・・はず。なお、カロスチャンプリボンはXY限定だが、他は全部ORASで付けられるのでORASをやりこんでいる人はそんなに苦労しないはず。

カロスチャンプリボン

カロス地方でチャンピオンになるともらえるリボン。カロスの四天王たちは強化形態もなくそこまで強くない。パキラさんは地面、ズミさんは電気と草、ガンピさんは地面と炎(ただしキングシールド持ちのギルガルドには気を付けること)、ドラセナちゃんは氷タイプの技が使えるポケモンがいればそんなに苦戦しない。カルネさんはバランスが取れたパーティな上にメガサーナイトを使ってくるのである程度のレベル差は必要になってくる。だけどここまででポケモンがレベル100になっていればメガサーナイトですら余裕でワンパンできるはず。

ホウエンチャンプリボン(新)

ORASのホウエン地方でチャンピオンになるともらえるリボン。こちらの四天王は1度勝つと手持ちが強化される上に全員メガシンカ(カゲツさんはメガアブソル、フヨウちゃんはメガヤミラミ、プリムさんはメガオニゴーリ、ゲンジさんはメガボーマンダ、しかも全員♂なのが地味にムカつくすまん、フヨウちゃんのヤミラミは♀でした)を使用する上にチャンピオンのダイゴさんもメガメタグロスを使ってくる。全員強敵なので挑戦するときは考えてパーティを組もう。ORASではメガシンカできるポケモンが増えたので私のようにラグラージやボーマンダにリボンをつけたい場合は積極的にメガシンカさせてバトルさせるのも良い。レベル100のメガメタグロスやメガボーマンダがいればほとんどの相手をワンパンできるのは言うまでもない。

コンテストマスターリボン

ORASのコンテストライブの各部門で優勝するともらえるリボン。かっこよさ、うつくしさ、かわいさ、かしこさ、たくましさの5種類がある。ルビサファやDPのコンテストと比べると格段に楽になっているので特に難しくはないだろう。

コンテストスターリボン

ORASのコンテストライブのすべてのマスターランクで優勝するともらえるリボン。貰ったポケモンは特殊な演出が付くのでぜひ取っておきたいところ。

グレートバトルリボン

第6世代のバトル施設バトルハウスのノーマルの方で20連勝するともらえるリボン。こちらはバトルシャトレーヌたちは普通のポケモンを使ってくるので難易度は高くなくガルーラガブちゃんゲンガーがいなくても余裕で勝てる。シングルが一番楽だが、複数体にリボンをつけたい場合はダブルやトリプルで一気につけるのもありか。なお、バトルハウスはXYにもORASにもあるのでどっちでもOK。

マスターバトルリボン

バトルハウスのスーパーの方で50連勝するともらえるリボン。こっちのバトルシャトレーヌは全員準伝説を使ってくる鬼畜ぶりである。シングルが一番楽だがラニュイはいたずらごころを特性に持つ可能性があるおっさんトリオを使ってくるので確実に勝てる方法は存在しない。それでもクロツグよりは簡単か?先駆者によればガルーラガブちゃんゲンガーの3体で直前の49戦目まで勝ち抜き、ラニュイ戦のみリボンをつけたいポケモンを2体入れ、先発にからをやぶるを使えるパルシェンや変幻自在のゲッコウガで挑むのがいいらしい。

しゅぎょうリボン

第6世代のスパトレで全部のメニューをクリアするともらえるリボン。スパトレ自体が第6世代にしかないのでここを逃すと付けられなくなるので注意。そしてスパトレ自体がかなり面倒。

なかよしリボン

ポケパルレでなかよし度を最大まで上げると付けられるリボン。第7、第8世代でも付けられる上に第6世代ではつけるのが中々面倒なので第7、第8世代でつけるのをお勧めする。

ゴージャスロイヤルリボン(ゴージャスリボン、ロイヤルリボン)

金払って付けられるリボン。DPPTで金をカンストするのが面倒でつけられなかった人はここでつける必要がある。第8世代のBDSPにもあるが、BDSPに入れるのは第4世代までに登場したポケモンのみなのでイッシュやカロスに登場したポケモンに付けたい人はここで必ずつけること。

曜日リボン、がんばリボン

第4世代と同じなので割愛。XYでもORASでもどっちでも付けられるが手持ち全員に付けられるというメリットがあるORASの方が若干楽。

あしあとリボン

第4世代と同じ・・・ではない。第6世代以降でのこのリボンは出会った時(もしくは第5世代に連れて行った時点)からレベルが30以上上がっていることが条件となっており、レベル71以上で第5世代に入ってしまったポケモンはあしあとリボンをつけることが不可能になってしまっているのである。なのでできる限りDPPTで付けるようにしたい(第五世代以降のポケモンは無理だが)。

そんなわけで第6世代編の始まり

というわけで今回から第6世代のリボンつけをこれからやっていこうと思う。バトルハウスさえ突破できればそんなに苦でもないような気がするが・・・最初はXYに降り立ち、カロスチャンプリボンとしゅぎょうリボンを取得したので次はガルガブゲンゲッコウガを育ててバトルハウスに乗り込まなければ・・・前に使ってたガルガブゲンゲッコウガをサンムーンに送ってしまったのが悔やまれる・・・まあガルーラとゲッコウガは親個体が残ってたから再度孵化、ガブちゃんゲンガーは第5世代で育てたのが残ってたのでその子たちを育成すれば問題ないか。さーて、1ヶ月ぐらいで終わればいいんだがな・・・

現在のドダイトスのリボン:38個(ホウエン組は60~63個)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク